木崎湖(読み)きざきこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木崎湖
きざきこ

長野県北西部,後立山の東麓にある湖。仁科三湖の1つ。面積 1.4km2。湖面標高 764m。最大水深 30m。湖畔には周遊道路,バンガロー,キャンプ場などがあり,夏季はにぎわう。付近にスキー場も多い。南岸には中世の豪族仁科氏の城址,木崎湖温泉がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きざき‐こ【木崎湖】

長野県北西部、大町市にある断層湖。仁科(にしな)三湖の一。面積1.4平方キロメートル。最大深度29メートル。湖面標高764メートル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きざきこ【木崎湖】

長野県北西部にある湖。大町市に属する。湖面標高764m,面積1.41km2,南北に2.6kmと細長い。北の青木湖中綱湖とあわせて仁科(にしな)三湖と総称する。糸魚川‐静岡構造線に沿う断層湖で,最深部は29m。湖底からの湧水が豊富なため,沖積物があまりたまっていない。湖岸には湖岸段丘が発達している。西岸に中世の仁科氏の城であった森城跡があり,東岸には1917年以来毎年夏に開催される信濃木崎夏季大学の会場となる信濃公堂がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木崎湖
きざきこ

長野県北西部、北アルプス後立山(うしろたてやま)連峰の東麓(とうろく)にある山中湖。大町市に属する。標高764メートル、面積1.65平方キロメートル、最大深度29.5メートル。後立山連峰が断層で落ちくぼんだ所に湛水(たんすい)した湖で、湖畔には中世の豪族仁科(にしな)氏の城跡があり、北方にある中綱(なかづな)、青木の2湖とともに仁科三湖とよぶ。ウインドサーフィン、カヌーなどのウォータースポーツがさかんで、湖の周辺は、総合温泉施設、旅館、飲食店などのほかキャンプ場、遊泳場もあり、湖岸は周遊車道があって盛夏は地元の人でにぎわう。信濃(しなの)木崎夏期大学が東岸の高台にあり、JR大糸線(信濃大町駅からバス15分)と国道148号が通る。8月15日灯籠(とうろう)流しと花火大会がある。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android