コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜谷浩 はまや ひろし

4件 の用語解説(浜谷浩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜谷浩 はまや-ひろし

1915-1999 昭和-平成時代の写真家。
大正4年3月28日生まれ。オリエンタル写真工業にはいり,渡辺義雄にまなぶ。昭和12年独立。新潟県の豪雪地の取材をつづけ,31年写真集「雪国」を刊行。同年雑誌連載の「裏日本」で毎日写真賞。ほかに「日本列島」「学芸諸家」などがある。61年ICP巨匠賞,62年ハッセルブラッド賞をうけた。平成11年3月6日死去。83歳。東京出身。関東商業卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

浜谷浩【はまやひろし】

写真家。東京生れ。関東商業卒業後,航空撮影に従事。1933年オリエンタル写真工業に入社。1937年退社後,フリーの写真家として活動する。1940年,木村伊兵衛の招きで東方社写真部入社,主に対外宣伝誌《FRONT》のために陸海軍関係の撮影に従事する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はまやひろし【浜谷浩】

1915(大正4)‐
日本の代表的なドキュメンタリー写真家。東京に生まれ,1933年(昭和8)にオリエンタル写真工業に入社して,写真撮影と暗室作業の技術を習得する。37年,次兄田中雅夫とともに〈銀工房〉を設立し,銀座,浅草などを小型カメラで取材した写真を発表した。39年〈アチック・ミューゼアム〉を主宰する民俗学研究家,渋沢敬三と出会い,その実証的な記録精神に強く影響されて,新潟県谷浜村下桑取谷(しもくわどりだに)の民俗行事を記録しはじめる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はまやひろし【浜谷浩】

1915~1999) 写真家。東京生まれ。日本の風土と人間の生の営みをジャーナリスティックな視線で捉えるとともに、詩情溢れる映像世界を表現し、優れたドキュメンタリー作品を残した。国際的な写真家集団マグナムの会員として海外でも活躍。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浜谷浩の関連キーワードドキュメンタリー映画ドキュメンタリー・フォトセミドキュメンタリードキュメンタリードキュドラマ道徳ドキュメントドキュメンタリー劇ドキュメンタリー写真テレビ・ドキュメンタリードキュメンタリー・ドラマ映画

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浜谷浩の関連情報