コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜谷浩 はまや ひろし

4件 の用語解説(浜谷浩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜谷浩 はまや-ひろし

1915-1999 昭和-平成時代の写真家。
大正4年3月28日生まれ。オリエンタル写真工業にはいり,渡辺義雄にまなぶ。昭和12年独立。新潟県の豪雪地の取材をつづけ,31年写真集「雪国」を刊行。同年雑誌連載の「裏日本」で毎日写真賞。ほかに「日本列島」「学芸諸家」などがある。61年ICP巨匠賞,62年ハッセルブラッド賞をうけた。平成11年3月6日死去。83歳。東京出身。関東商業卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

浜谷浩【はまやひろし】

写真家。東京生れ。関東商業卒業後,航空撮影に従事。1933年オリエンタル写真工業に入社。1937年退社後,フリーの写真家として活動する。1940年,木村伊兵衛の招きで東方社写真部入社,主に対外宣伝誌《FRONT》のために陸海軍関係の撮影に従事する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はまやひろし【浜谷浩】

1915(大正4)‐
日本の代表的なドキュメンタリー写真家。東京に生まれ,1933年(昭和8)にオリエンタル写真工業に入社して,写真撮影と暗室作業の技術を習得する。37年,次兄田中雅夫とともに〈銀工房〉を設立し,銀座,浅草などを小型カメラで取材した写真を発表した。39年〈アチック・ミューゼアム〉を主宰する民俗学研究家,渋沢敬三と出会い,その実証的な記録精神に強く影響されて,新潟県谷浜村下桑取谷(しもくわどりだに)の民俗行事を記録しはじめる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はまやひろし【浜谷浩】

1915~1999) 写真家。東京生まれ。日本の風土と人間の生の営みをジャーナリスティックな視線で捉えるとともに、詩情溢れる映像世界を表現し、優れたドキュメンタリー作品を残した。国際的な写真家集団マグナムの会員として海外でも活躍。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

浜谷浩の関連キーワード高校野球創造性工業教育ホンダ ジョルノクレア学校給食公庫交通事故自立活動スペイン映画南西諸島

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浜谷浩の関連情報