コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱思本 しゅしほん Zhu Si-ben; Chu Ssǔ-pên

3件 の用語解説(朱思本の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朱思本
しゅしほん
Zhu Si-ben; Chu Ssǔ-pên

[生]至元10(1273)
[没]?
中国,元の道士,地理学者。臨川 (江西省) の人。字は本初。南方道教の本山の竜虎山に入り,道士となる。 30歳前後に大都 (現北京) に上り,玄教大宗師の張留孫に師事,その後継者呉全節を助け,江南道教管理の事に従い,またこの間至大4 (1311) 年から 10年をかけて縦横7尺 (約 2m) の一大地図『輿地図 (よちず) 』を作成,以後 300年以上中国地理学の権威とされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅしほん【朱思本 Zhū Sī běn】

1273‐?
中国,元代の道士であり地理学者。江西省臨川の人。字は本初。北京で道士としての修行を積み,後に道観の主席となった。詩文に長じ,《貞一斎詩文稿》2巻を残している。しかし,その最大の功績は《輿地図》の作製で,10年の年月を経て完成し,それを石に刻んだ。この刻石も原図も残っていないが,明の1555年(嘉靖34)ごろに刊行された羅洪先の《広輿図》はこれを引きついだもので,《輿地図》の面影を知ることができる。縦横ともに7尺の平面図であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朱思本
しゅしほん
(1273―?)

中国、元(げん)代の道士、地理学者。江西臨川の人。漢代以来の南方道教の天師道(3世紀初頭以前は五斗米道(ごとべいどう)とよび、元代では正一教とよぶ)の総本山、江西信州の竜虎山(りゅうこざん)に入って道士となった。30歳のころ、大都(北京(ペキン))に駐在する天師道代表の張留孫(ちょうりゅうそん)(1248―1321)に師事し、パスパ死後の大都宗教界を握る張留孫、およびその後継者呉全節を助けて江南道教の統制管理にあたった。その間、中国伝統の五嶽四涜(ごがくしとく)などの名山・大川を祭祀(さいし)しようとする皇帝の命を受けて各地を周遊し、1331年ごろに南帰して数年後に没したらしい。『貞一斎(ていいっさい)詩文稿』2巻を残す詩文家でもあったが、とくに『輿地図(よちず)』の作製は中国地図学史上に彼の名を不朽にした。10年の歳月を費やしたというこの地図は、完成後竜虎山上清宮(じょうせいきゅう)に刻石されたが現存せず、これを土台に増補改訂した羅洪先(らこうせん)(1504―1564)の『広輿図』によって推測される。縦・横7尺(約2.2メートル)、平面図法を用いるこの図は、清(しん)初イエズス会士による『皇輿全覧図』が出現するまで中国地図の主流となった。[杉山正明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朱思本の関連キーワード李梅庵顔輝胡渭江西省古地理学動物地理学西川治藤岡謙二郎ペシェル清江(中国江西省)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone