東亜同文書院(読み)とうあどうぶんしょいん

大辞林 第三版の解説

とうあどうぶんしょいん【東亜同文書院】

東亜同文会が1901年(明治34)に上海に設立した学校。大陸で活躍する人材の育成をめざした。21年(大正10)正規の専門学校、39年(昭和14)大学となる。第二次大戦後に廃校。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

東亜同文書院【とうあどうぶんしょいん】

東亜同文会が1901年上海に設立した学校。日中親善のための人材養成を目的とした南京同文書院の後身だが,日本の中国進出のための中堅幹部を養成する機能を担った。1921年専門学校,1939年大学となる。商務科(一時農工・政治科も設置)を置く。第2次大戦後廃止されるまで,卒業生約5000。
→関連項目杉浦重剛

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうあどうぶんしょいん【東亜同文書院】

東亜同文会が上海に設立した学校。1900年5月中国の民俗・言語・文化に親しみ,日中両国の親善に参画する人材を育成する目的で設立した南京同文書院が前身である。しかし,義和団事件の激化により,すぐに上海に移転し,翌01年には東亜同文書院と改称して,修業年限3年,政治科,商務科からなる高等の学校として教育活動を始めた。また,民間有志の拠金や政府の補助金を得,中国留学生のために,02年東京神田に東京同文書院も設けた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とうあどうぶん‐しょいん ‥ショヰン【東亜同文書院】

中国、上海にあった日本の大学。明治三三年(一九〇〇)東亜同文会が南京に創設した南京同文書院に始まる。同年上海に移転し翌年改称。大正一〇年(一九二一)専門学校、昭和一四年(一九三九)大学となる。第二次大戦後、東亜同文会の解散により消滅。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の東亜同文書院の言及

【清】より

…支那及び朝鮮の時事を討究し実行を期す。国論を喚起す〉の綱領をもつ東亜同文会によって上海に設立された東亜同文書院は,戦前日本における最初の在外文化施設であるが,そうした時代の変化と切り離して考えることはできない。同校は太平洋戦争終戦の年まで存続,その卒業生は実業界,外交界,学界,ジャーナリズムなどにおいて中国と深くかかわった。…

※「東亜同文書院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東亜同文書院の関連情報