コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東亜同文書院 とうあどうぶんしょいん

4件 の用語解説(東亜同文書院の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

とうあどうぶんしょいん【東亜同文書院】

東亜同文会が1901年(明治34)に上海に設立した学校。大陸で活躍する人材の育成をめざした。21年(大正10)正規の専門学校、39年(昭和14)大学となる。第二次大戦後に廃校。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東亜同文書院【とうあどうぶんしょいん】

東亜同文会が1901年上海に設立した学校。日中親善のための人材養成を目的とした南京同文書院の後身だが,日本の中国進出のための中堅幹部を養成する機能を担った。1921年専門学校,1939年大学となる。
→関連項目杉浦重剛

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうあどうぶんしょいん【東亜同文書院】

東亜同文会が上海に設立した学校。1900年5月中国の民俗・言語・文化に親しみ,日中両国の親善に参画する人材を育成する目的で設立した南京同文書院が前身である。しかし,義和団事件の激化により,すぐに上海に移転し,翌01年には東亜同文書院と改称して,修業年限3年,政治科,商務科からなる高等の学校として教育活動を始めた。また,民間有志の拠金や政府の補助金を得,中国留学生のために,02年東京神田に東京同文書院も設けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東亜同文書院
とうあどうぶんしょいん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の東亜同文書院の言及

【清】より

…支那及び朝鮮の時事を討究し実行を期す。国論を喚起す〉の綱領をもつ東亜同文会によって上海に設立された東亜同文書院は,戦前日本における最初の在外文化施設であるが,そうした時代の変化と切り離して考えることはできない。同校は太平洋戦争終戦の年まで存続,その卒業生は実業界,外交界,学界,ジャーナリズムなどにおいて中国と深くかかわった。…

※「東亜同文書院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東亜同文書院の関連キーワード愛知大学東亜同文会ミッションスクール井手三郎小西茂白岩竜平細川護成宗方小太郎村田孜郎森茂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東亜同文書院の関連情報