コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村岡範為馳 むらおか はんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村岡範為馳 むらおか-はんいち

1853-1929 明治-大正時代の物理学者。
嘉永(かえい)6年10月生まれ。因幡(いなば)鳥取藩の貢進生として大学南校にまなび,明治11年ドイツに留学。東京大学教授,東京音楽学校長などをへて31年京都帝大教授となり,大正2年沢柳事件で退官。日本初のX線実験者となったほか,音響学,魔鏡の研究で知られる。昭和4年4月20日死去。77歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村岡範為馳
むらおかはんいち
(1853―1929)

物理学者。因幡(いなば)国(鳥取県)八上(やかみ)郡釜口(かまぐち)村(現、鳥取市河原(かわはら)町釜口)生まれ。1870年(明治3)大学南校に入りドイツ語を学ぶ。1875年文部省に出仕し、1881年師範学科の調査のためドイツに留学、ストラスブール大学でクント、ラウエ、レントゲンらに学ぶ。翌1882年帰国し、東京大学、第一高等学校、第三高等学校、女子高等師範学校、東京音楽学校、東京高等師範学校の教授を歴任。1897年に京都帝国大学が創立されるとその教授になった。音響学や日本魔鏡の研究で知られる一方、後進の教育に貢献した。[井原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

村岡範為馳の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎稲垣浩マキノ雅広島津保次郎内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助田坂具隆

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone