コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村岡範為馳 むらおか はんいち

2件 の用語解説(村岡範為馳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村岡範為馳 むらおか-はんいち

1853-1929 明治-大正時代の物理学者。
嘉永(かえい)6年10月生まれ。因幡(いなば)鳥取藩の貢進生として大学南校にまなび,明治11年ドイツに留学。東京大学教授,東京音楽学校長などをへて31年京都帝大教授となり,大正2年沢柳事件で退官。日本初のX線実験者となったほか,音響学,魔鏡の研究で知られる。昭和4年4月20日死去。77歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村岡範為馳
むらおかはんいち
(1853―1929)

物理学者。因幡(いなば)国(鳥取県)八上(やかみ)郡釜口(かまぐち)村(現、鳥取市河原(かわはら)町釜口)生まれ。1870年(明治3)大学南校に入りドイツ語を学ぶ。1875年文部省に出仕し、1881年師範学科の調査のためドイツに留学、ストラスブール大学でクント、ラウエ、レントゲンらに学ぶ。翌1882年帰国し、東京大学、第一高等学校、第三高等学校、女子高等師範学校、東京音楽学校、東京高等師範学校の教授を歴任。1897年に京都帝国大学が創立されるとその教授になった。音響学や日本魔鏡の研究で知られる一方、後進の教育に貢献した。[井原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村岡範為馳の関連キーワード肝付兼行石田平吉宇田川準一岡田磐今野清兵衛佐野静雄高木正善鶴田賢次真木痴嚢大正時代美術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone