コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魔鏡 マキョウ

デジタル大辞泉の解説

ま‐きょう〔‐キヤウ〕【魔鏡】

光を当てて反射光を壁に投影すると、像や模様が陰影となって現れる金属鏡。薄く作った鏡の裏面に模様を鋳込んで表面(鏡面)を磨くと、鏡面に微細な凹凸が生じて反射光に明暗の差を作り出す仕組み。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まきょう【魔鏡】

日本に古くからある青銅鏡の中には,水銀を塗布して仕上げられたその鏡面をじかに見てもふつうの金属鏡と変りがないのに,そこに太陽光線を当てて反射光を白壁などに投影すると,鏡背に鋳造されている仏像とか経文とかが明るく写し出されるという不思議なものがある。鏡を神体化する信仰の強かった中国と日本に昔からこの種の鏡があって,金属鏡の中でもとくに宗教的崇敬を集めてきた。日本にこれがあらわれたのは江戸時代からであるが,製造,修復の際の日本人の手先の器用さも手伝って,明治初期にはすでに相当数のものが存在した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まきょう【魔鏡】

日本や中国にある青銅鏡の中で、鏡面を見ると普通の鏡と変わりないが、太陽光線の反射光を当てて投影すると、裏側に鋳造されている経文や仏像などが写し出されるもの。鏡面の曲率の部分的な差により、明暗ができるためと考えられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

魔鏡の関連キーワード結婚十五の楽しみマジックミラー村岡 範為馳アトキンソン村岡範為馳中村清二デシャン魔鏡現象後藤牧太照魔鏡曲率

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魔鏡の関連情報