魔鏡(読み)マキョウ

世界大百科事典 第2版の解説

まきょう【魔鏡】

日本に古くからある青銅鏡の中には,水銀塗布して仕上げられたその鏡面をじかに見てもふつうの金属鏡と変りがないのに,そこに太陽光線を当てて反射光を白壁などに投影すると,鏡背に鋳造されている仏像とか経文とかが明るく写し出されるという不思議なものがある。鏡を神体化する信仰の強かった中国と日本に昔からこの種の鏡があって,金属鏡の中でもとくに宗教的崇敬を集めてきた。日本にこれがあらわれたのは江戸時代からであるが,製造,修復の際の日本人の手先の器用さも手伝って,明治初期にはすでに相当数のものが存在した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まきょう【魔鏡】

日本や中国にある青銅鏡の中で、鏡面を見ると普通の鏡と変わりないが、太陽光線の反射光を当てて投影すると、裏側に鋳造されている経文や仏像などが写し出されるもの。鏡面の曲率の部分的な差により、明暗ができるためと考えられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魔鏡の関連情報