村櫛荘(読み)むらくしのしょう

百科事典マイペディア「村櫛荘」の解説

村櫛荘【むらくしのしょう】

遠江国にあった中世の荘園在の静岡県浜松市の浜名湖東岸に比定される。正中2年(1325年)の最勝光(さいしょうこう)院領荘園目録案(東寺百合(ひゃくごう)文書)によると,もとは北条重時が領家(りょうけ)で,本年貢は100石,この当時は最勝光院(現京都市東山区)領であった。1326年後醍醐(ごだいご)天皇が最勝光院を京都東寺寄進,そのため村櫛荘は東寺領となった。したがって本家職(ほんけしき)は東寺が保持しており,領家職は南北朝期に徳大寺家が取得していた。一方,地頭職は斎藤氏が獲得しており,1352年にその3分の2を京都天竜寺に寄進しているが,天竜寺は地頭というより,実質的には領家としての存在であった。このように村櫛荘の支配は,本家−領家−地頭が重層的にからみあった複雑な様相を呈していた。室町期の年貢は一部確保されていたが,しだいに形骸化し,応仁(おうにん)・文明の乱の頃には荘園としての実体が失われた。→

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「村櫛荘」の解説

むらくしのしょう【村櫛荘】

遠江国敷智郡(現,静岡県浜松市)の最勝光院領荘園。東郷西郷がある。年貢は1325年(正中2)の目録に近年100石から60石にとあるが,南北朝・室町期は60石が基準となる。26年(嘉暦1)東寺施入により本家職は東寺。地頭職は南北朝初期に高尾張守だったが,斎藤越前守利泰に移り,51年(正平6∥観応2)に利泰の妻尼性戒は亡夫の素意により地頭職の3分の2を天竜寺に寄進,3分の1は利泰の子孫に相伝。領家職は正中2年の目録に故陸奥守重時跡とあるが,南北朝期に徳大寺家が取得。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android