コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村櫛荘 むらくしのしょう

2件 の用語解説(村櫛荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

村櫛荘【むらくしのしょう】

遠江国にあった中世の荘園。現在の静岡県浜松市の浜名湖東岸に比定される。正中2年(1325年)の最勝光(さいしょうこう)院領荘園目録案(東寺百合(ひゃくごう)文書)によると,もとは北条重時領家(りょうけ)で,本年貢は100石,この当時は最勝光院(現京都市東山区)領であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

むらくしのしょう【村櫛荘】

遠江国敷智郡(現,静岡県浜松市)の最勝光院領荘園。東郷と西郷がある。年貢は1325年(正中2)の目録に近年100石から60石に減とあるが,南北朝・室町期は60石が基準となる。26年(嘉暦1)東寺施入により本家職は東寺。地頭職は南北朝初期に高尾張守だったが,斎藤越前守利泰に移り,51年(正平6∥観応2)に利泰の妻尼性戒は亡夫の素意により地頭職の3分の2を天竜寺に寄進,3分の1は利泰の子孫に相伝。領家職は正中2年の目録に故陸奥守重時跡とあるが,南北朝期に徳大寺家が取得。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

村櫛荘の関連キーワード白須賀浜北舞阪三ヶ日浜松大学浜松学院大学石塚竜麿浜松市動物園

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone