コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村田省蔵 むらたしょうぞう

2件 の用語解説(村田省蔵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村田省蔵
むらたしょうぞう

[生]1878.9.6. 東京
[没]1957.3.15. 東京
大正・昭和期の実業家,政治家。高等商業学校(→一橋大学)卒業後,1900年大阪商船に入社。社長の中橋徳五郎に引き立てられ,1934年に社長に就任。1939年貴族院議員に勅選され,1940年の第2次,および 1941年の第3次近衛文麿内閣で逓信大臣兼鉄道大臣を務め,非常時下の運輸行政の中枢を担った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村田省蔵
むらたしょうぞう
(1878―1957)

昭和期の実業家。東京に生まれ、東京高等商業学校(現一橋大学)卒業。1900年(明治33)大阪商船に入社、同社で順次昇進し、専務取締役、副社長を歴任したのち、34年(昭和9)社長に就任した。36年日本船主協会会長に就任。準戦時体制下での海運自主統制を唱導し、翌37年には海運自治連盟を結成してその実現を指導した。39年に貴族院議員に勅選され、40年には第二次近衛(このえ)内閣に逓信(ていしん)兼鉄道大臣として入閣するなど、しだいに政治活動に入った。42年には南方軍最高顧問としてフィリピンに赴き、日本軍占領下の同国独立とともに43年特命全権大使となった。戦後、戦犯容疑で拘置されたが、47年(昭和22)釈放、51年追放解除。その後はフィリピン、中華人民共和国との国交回復に尽力した。[柴 孝夫]
『大阪商船株式会社編・刊『村田省蔵追想録』(1959)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村田省蔵の関連キーワード酒井抱祝四辻季満Nエヌ没・歿勃・歿・没三角数n-6脂肪酸Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone