東千代之介(読み)あずま ちよのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東千代之介 あずま-ちよのすけ

1926-2000 昭和後期-平成時代の俳優。
大正15年8月19日生まれ。8代坂東三津五郎らに日本舞踊をまなぶ。昭和29年東映に入社し,「雪之丞変化(ゆきのじょうへんげ)」でデビュー。「笛吹童子」「紅孔雀」などで中村錦之助(のちの万屋(よろずや)錦之介)と共演,人気をえる。40年退社後,日本舞踊をおしえるかたわら,舞台やテレビに出演した。平成12年11月9日死去。74歳。東京出身。東京芸大卒。本名は若和田孝之。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android