コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松坂屋[株] まつざかや

百科事典マイペディアの解説

松坂屋[株]【まつざかや】

1611年名古屋に創業の呉服商伊藤屋(1768年江戸上野にも進出)が始まり。1910年(株)いとう呉服店として近代的百貨店になり,1924年日本ではじめて全館土足入場の銀座店を開店。
→関連項目東海銀行[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつざかや【松坂屋[株]】

名古屋を本拠とする大手百貨店。本社名古屋市中区。織田信長の臣伊藤蘭丸祐広の息源左衛門祐道が,1611年(慶長16)名古屋本町で創業した呉服小間物問屋の伊藤屋いとう呉服店に始まる。万治年中(1658‐61)子の次郎左衛門祐基が茶屋町で営業を再開。その後,小売への転換,〈現金売り掛け値なし〉の新商法の実行など時勢に即した経営方針を打ち出し,民衆の支持を受けた。1745年(延享2)京都仕入店を新設し,68年(明和5)江戸上野松坂屋を買収,1805年(文化2)大伝馬町木綿問屋を開店した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の松坂屋[株]の言及

【織物】より

…1626年(寛永3)以来しばしば出された風俗矯正や衣服に対する奢侈禁制に関する法度や町触は,消費生活が贅に流れた世相をよく物語っているが,それは一方からみれば染織業界の好況を意味している。江戸本町や伝馬町に越後屋,伊豆蔵,松坂屋をはじめ大小の呉服屋,絹屋,綿屋が軒をつらねて商いを競い始めたのは,延宝~天和の時代(1670‐80年代)であった。 一枚の長着である小袖がおもな衣服となった結果,その意匠や表現技法は著しく発展した。…

※「松坂屋[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松坂屋[株]の関連キーワード大丸[株]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android