コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松林桂月 まつばやし けいげつ

7件 の用語解説(松林桂月の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

松林桂月

南画家。山口県生。本名は伊藤篤、字は子敬、別号に香外・玉江漁人。野口幽谷に師事。山岡米華らと共に日本南宗画会を結成、また日本南画院・白寿会等の結成にも携わり、近代南画の振興に大きく貢献した。小室翠雲と共に南画界の双璧と称せられる。帝国美術院会員・帝国芸術院会員・帝室技芸員等を歴任した。文化勲章受章。昭和38年(1963)歿、86才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まつばやし‐けいげつ【松林桂月】

[1876~1963]日本画家。山口の生まれ。本名、篤。日本南画院会長。野口幽谷に師事、南宗画の正系を継いで、その近代化に尽くした。代表作に「春宵花影」など。昭和33年(1958)文化勲章受章。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

松林桂月【まつばやしけいげつ】

日本画家。山口県生れ。本名篤。野口幽谷に師事して文人画を学ぶ。初期文展に出品して認められ,小室翠雲らと文人画の正統を継ぐ作家として活躍。第2次大戦後は日展日本画の長老として重きをなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松林桂月 まつばやし-けいげつ

1876-1963 明治-昭和時代の日本画家。
明治9年8月18日生まれ。野口幽谷(ゆうこく)に文人画をまなぶ。日本美術協会展,文展に出品。帝展の審査員,帝国美術院会員,帝室技芸員となる。戦後,日本美術協会理事長。昭和33年文化勲章。昭和38年5月22日死去。86歳。山口県出身。旧姓は伊藤。本名は篤。代表作に「春宵花影(しゅんしょうかえい)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まつばやしけいげつ【松林桂月】

1876~1963) 日本画家。山口県萩生まれ。野口幽谷に師事、南宗画の正系を継ぐ。日本南画院を創立、初代会長。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松林桂月
まつばやしけいげつ

[生]1876.8.1. 山口,萩
[没]1963.5.22. 東京
日本画家。旧姓は伊藤,本名は篤,字は子敬。桂月は号。 1893年上京し野口幽谷に師事,師の死後は独学で画技をみがく。女流画家松林雪貞と結婚して松林姓を名のり,明治後期の日本美術協会で夫婦ともに活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松林桂月
まつばやしけいげつ
(1876―1963)

日本画家。山口県萩(はぎ)に生まれる。本名篤。旧姓伊藤。女流画家松林雪貞(せってい)と結婚して松林姓となる。1893年(明治26)に上京。野口幽谷(ゆうこく)に南宗画を学び、幽谷没後は独学。初めは日本美術協会展、のち1908年(明治41)からは文展にも出品し、19年(大正8)の第1回帝展から審査員を歴任。32年(昭和7)帝国美術院会員、37年帝国芸術院会員を経て44年には帝室技芸員。また聖徳太子奉讃(ほうさん)展、紀元二千六百年奉祝展などの審査員を務め、第二次世界大戦後は日展で活躍。58年(昭和33)に文化勲章を受けた。60年には日本南画院を創立して会長となるなど、生涯を南画の発展に努めた。代表作に『春宵花影(しゅんしょうかえい)』『長門峡』『夏橙(かとう)』など、また著書に『南画の書き方』『桜雲洞詩鈔(おううんどうししょう)』などがある。[二階堂充]
『松林桂月遺作展委員会編『松林桂月遺墨集』(1965・大塚巧芸社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松林桂月の関連情報