松浦宮物語(読み)まつらのみやものがたり

日本大百科全書(ニッポニカ)「松浦宮物語」の解説

松浦宮物語
まつらのみやものがたり

平安時代最末期の擬古(ぎこ)物語。三巻。作者藤原定家(ていか)か。『源氏物語』以後その模倣作が多いなかで、時代を奈良時代以前に設定し、舞台を日本と中国とに広げ、合戦場面を取り入れた野心作定家の和歌美学に通う余情妖(ようえん)のを描く。藤原京の時代(694~710)、弁(べんの)少将橘(たちばな)氏忠は神奈備皇女(かんなびのみこ)への初恋が実らぬまま遣副使に任命されて渡唐し、母宮は九州松浦の仮宮(かりみや)で帰朝を待つ。少将は文皇帝華陽公主(きん)を学び契りを結ぶが、仙女の公主は日本での再会を約して死ぬ。文皇帝が崩じ内乱が起こると、少将は幼帝と母に従い、住吉(すみよし)明神の加護で敵将を倒す。のち梅薫る山里で謎(なぞ)の美女と契りを結ぶが、やがて母后こそ謎の女で、2人は逆賊を討つため天帝より遣わされたことを知らされる。帰朝後公主と再会し、母后を形見の鏡にしのぶが、心聡(さと)い公主から嫉妬(しっと)される。恋の物思いが尽きない少将である。

[三角洋一]

『萩谷朴訳注『松浦宮物語』(角川文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「松浦宮物語」の解説

まつらのみやものがたり【松浦宮物語】

鎌倉初期の物語。三巻。作者は未詳。「無名草子」に従って、作者は藤原定家説が有力。成立年未詳。弁少将氏忠が皇女との恋に破れて唐に渡り、唐帝の妹華陽公主と契りをかわし、不思議を現じて内乱を平定し、后と契りをかわし、帰国後、日本に生まれ変わった公主と再会する。時代を藤原の宮にとり、舞台を日本と中国に構え、妖艷夢幻的世界を展開している。書名主人公の母の詠歌にちなむ。松浦物語。松浦宮。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「松浦宮物語」の解説

松浦宮物語
まつらのみやものがたり

鎌倉時代前期の物語。藤原定家作。3巻。建仁2 (1202) 年以前の成立と考えられる。橘冬明の子氏忠が神奈備女王に失恋したのち,唐に渡り,華陽公主と契り,帰国後,飛来した公主と再会する。貞観3 (861) 年作と終りにあるのは古代らしく見せかけた偽装で,異国趣味豊かな,妖艶を基調とする若き日の定家の野心作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「松浦宮物語」の解説

松浦宮物語【まつらのみやものがたり】

鎌倉初期の擬古物語。3巻。藤原定家の作というが不詳。弁少将は遣唐副使として唐に渡る。琴の秘曲を伝えてくれた皇帝の妹との悲恋,内乱を契機とする皇后との夢幻の恋,そして帰国後のふしぎな出来事。そのすべてが宿世因縁によるというもので,《宇津保物語》や《浜松中納言物語》の影響が大きい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「松浦宮物語」の解説

まつらのみやものがたり【松浦宮物語】

鎌倉初期の物語。3巻。作者は藤原定家とされるが未詳。12世紀末の成立か。弁少将橘氏忠が恋人と別れて唐に渡り、皇帝の妹や后などと契りを交わすという伝奇的、幻想的な物語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「松浦宮物語」の解説

松浦宮物語
まつらのみやものがたり

鎌倉初期に成立したと思われる物語文学
作者・成立年代不詳。文体・構想は『宇津保物語』を模し,舞台を中国(唐)にまで広げた伝奇的・神仙的な物語。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「松浦宮物語」の解説

まつらのみやものがたり【松浦宮物語】

擬古物語。藤原定家作とする説が有力。鎌倉時代初期成立。3巻。弁少将橘氏忠は神奈備(かんなび)の皇女(みこ)との恋にやぶれ,遣唐副使となって唐に渡る。唐の皇帝の妹,華陽公主(かようのみこ)と契りをかわし,琴の秘曲を伝授されるが,公主は日本の長谷寺での再会を約して昇天してしまう。皇帝は弁少将に幼帝の後見を遺詔して没するが,反乱勃発。弁少将は神変をあらわして,これを平定。その後,母后と月明りの中,梅薫る山里で契りを結び,祖国への憶いと母后への思慕との間を思い悩む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる