松浦市(読み)まつうら

  • まつうらし
  • 松浦〔市〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長崎県北部,北松浦半島の北部,伊万里湾に面する市。鷹島福島青島飛島黒島などを含む。1955年志佐町,新御厨町,調川町の 3町が合体して市制。同年今福町を編入。2006年福島町,鷹島町と合体。中世初頭以来の松浦党の根拠地。延久1(1069)年に松浦氏の祖,源久(みなもとのひさし)が今福に下向したのが始まりとされる。江戸時代は平戸藩松浦氏領。主要産物は米,ミカン,野菜。山間地帯を利用した棚田が古くから発展し,上志佐や福島の土谷などで見られる。漁業は網漁業,吾知網漁,タイやトラフグの養殖漁業が行なわれる。調川(つきのかわ)近くの松浦魚市場は,サバ・アジの水揚げ量で国内有数を誇る。かつては炭鉱の町として栄えたが,1970年代までにすべて閉鉱。食品,繊維,化学,造船などの工業誘致が積極的に行なわれたのち,御厨海岸に大規模な火力発電所が建設された。福島など北部の島々は風光明媚で見どころが多く,観光地化が進む。鷹島は元寇の激戦地として知られ,記念碑などが点在する。北松浦半島内陸部や青島などは北松県立自然公園,福島と佐賀県の境に浮かぶイロハ島などは玄海国定公園に属する。北岸を松浦鉄道,国道204号線,松浦バイパスなどが通る。島嶼部と内陸部の間を定期船が往来する。面積 130.55km2。人口 2万3309(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android