コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松浦党 まつらとう

6件 の用語解説(松浦党の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松浦党
まつらとう

鎌倉~室町時代に肥前国松浦4郡を中心に割拠した武士集団の共和的連合組織。平安時代から水軍海賊として活躍したが,のち鎌倉御家人となった者も多い。南北朝時代には松浦一族以外の他氏族をも含めた地域的一揆結合を行い,室町時代以後には,党規のもとに団結を強めていった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まつら‐とう〔‐タウ〕【松浦党】

中世、松浦地方に割拠し、九州北西部に勢力をもった武士団。平安時代以来、嵯峨源氏の子孫を称する一族が土着し、南北朝時代以降は同族団的結合を強め、異姓の諸氏も組み入れた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

松浦党【まつらとう】

平安後期から中世の弱小武士集団。現在の佐賀県北西部および長崎県北東部にわたる肥前国松浦郡に割拠した。朝鮮半島や中国大陸に近接するという地理的条件から,交易に従事する武装集団となり,中央貴族や一般の人々に水軍または海賊としてのイメージをもたれ,松浦党の呼称を与えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

まつらとう【松浦党】

肥前国松浦郡(現,佐賀県東・西松浦郡,長崎県南・北松浦郡)に割拠した弱小武士集団。松浦地方には嵯峨源氏の末流と称する一族が平安時代以来土着しており,彼らは源姓で名前に一字名を名のっている。その経緯は明らかではないが,中央から肥前国司として下向した者や,在庁官人の子孫が土着したものと推定される。伝説では,松浦一族の始祖は1069年(延久1)ころ摂津国渡辺荘から宇野御厨(うののみくりや)検校として下向した源久とされているが確証はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まつらとう【松浦党】

古代末期から中世を通じ、松浦地方を根拠地として北九州沿岸で活動した武士集団。多くが源姓を称し、一字名乗りを特徴とした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松浦党
まつらとう

肥前(ひぜん)国松浦(まつら)地方(佐賀・長崎両県の玄界灘(げんかいなだ)に面する海岸地方)に割拠した弱小武士団に対する呼称。平安時代以来、嵯峨(さが)源氏の子孫と称する一族が土着し、名前に一字名を用いた。初めは宇野御厨(うののみくりや)の贄人(にえびと)として活動していたが、平安時代末期には武士化して、水軍的性格を有する武士団に発展した。しばしば朝鮮沿岸を侵す海賊の常習者とみられ、多分に蔑視(べっし)の意味を込めて松浦党と称された。これら松浦党は複雑な海岸線の各地に割拠し、一族を統率する惣領(そうりょう)的存在は認められない。鎌倉幕府成立後は、割拠する所領を安堵(あんど)されて御家人(ごけにん)となった。鎌倉時代には一族的団結を図る動きは希薄であったが、南北朝時代以後は、一族として共同の行動を意図して、一揆契諾(いっきけいだく)を結ぶ動きが活発となった。この一揆契諾には一族のみならず、他氏族の住人も参加しており、地域連合的性格を有していた。中世武士団の党的形態として多くの研究がある。[瀬野精一郎]
『長沼賢海著『松浦党の研究』(1957・九州大学国史研究室) ▽瀬野精一郎著『鎮西御家人の研究』(1975・吉川弘文館) ▽真島節朗著『海と周辺国に向き合う日本人の歴史――飛鳥の将軍・阿倍比羅夫/中世の海と松浦島』(2003・郁朋社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松浦党の言及

【壱岐島】より

…筒城荘は宇佐弥勒寺領であった。物部荘は1383年(弘和3∥永徳3)今川仲秋が,その3分の1を兵粮料所として松浦(まつら)党の山代豊前守に預けている。石田保のうち薬師丸の地頭職は,鎌倉後期には尼長阿から草野氏が伝領し,南北朝期になると宗像大宮司が有していたが,浜田氏に下地を押領されている。…

【宇野御厨】より

…平安時代初期には,筑前,筑後,肥前国にわたる広い水面を指していたが,平安時代末期以降は,上五島を含む北松浦郡地帯に限定されるようになった。宇野御厨の贄人(にえびと)は,田畑を開発し,根本開発領主として武士化し,松浦党と称された。鎌倉時代には,宇野御厨荘とか御厨荘と称されるようになり,1292年(正応5)肥前国一宮河上宮造営用途支配田数注文には,宇野御厨荘300丁と見える。…

【肥前国】より

…しかしモンゴル襲来の危機が迫ると,御家人はモンゴル襲来に備えて異国警固番役に従事することになり,京都大番役は免除された。 74年10月,対馬(つしま),壱岐(いき)を襲ったモンゴル軍は松浦地方沿岸にも来襲し,松浦党をはじめ肥前国住人はこれと戦ったと思われるが,その詳細は明らかではない。この松浦党は平安時代末より嵯峨源氏の子孫と称して武士化していたが,武装した水軍として知られ,しばしば朝鮮,中国沿岸を侵略したので,松浦地方は倭寇の根拠地と考えられていた。…

※「松浦党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松浦党の関連キーワード佐賀県西松浦郡有田町赤絵町佐賀県西松浦郡有田町大樽佐賀県西松浦郡有田町幸平佐賀県西松浦郡有田町白川佐賀県西松浦郡有田町岳乙佐賀県西松浦郡有田町戸杓乙佐賀県西松浦郡有田町中樽佐賀県西松浦郡有田町中の原佐賀県西松浦郡佐賀県西松浦郡有田町丸尾丙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松浦党の関連情報