板橋宿(読み)いたばししゅく

百科事典マイペディアの解説

板橋宿【いたばししゅく】

現東京都板橋区の東部に形成された中山道の第1宿で,下板橋(しもいたばし)村内に成立したので下板橋宿ともいう。江戸四宿の一つ。日本橋からは2里半,次宿の蕨(わらび)宿まで2里10町。宿建人馬は50人・50匹。地名の由来となった石神井(しゃくじい)川に架かる板橋を中心に発達。橋の北西側が上宿(現本町),南東側が中宿(現仲宿(なかじゅく))で,中宿のさらに南東に平尾宿(現板橋1丁目〜3丁目)が続き,この3宿で宿役を負担。宿の東側は加賀金沢藩の下屋敷であった。1843年には旅籠屋54軒,家数573・人数2448。本陣は中宿にあり,脇本陣は上・中・平尾の各宿に1軒ずつ(《宿村大概帳》)。食売(めしうり)女(飯盛女)150人を公許されていたが,他の3宿(品川宿内藤新宿千住宿)に比べ,遊興地としては寂れていた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の板橋宿の言及

【板橋】より

…その子孫らしい人名が熊野那智山の文書や《小田原衆所領役帳》に見える。近世になって宿駅制度が定められると,中山道の第1の宿として板橋宿が置かれ,中心部に問屋場,貫目改所,高札場,本陣などの施設が設けられた。全盛期における宿内旅籠(はたご)の数は54,宿の総延長15町49間(約1.7km)であった。…

※「板橋宿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

板橋宿の関連情報