コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千住宿(読み)せんじゅしゅく

百科事典マイペディアの解説

千住宿【せんじゅしゅく】

現在の東京都足立区南部から荒川区北部にかけて形成された日光道中(下野宇都宮まで奥州道中と重複)の第1宿。江戸四宿の一つ。千住は古くから荒川(現在の隅田川)北岸の交通の要地で,1594年に千住大橋が架けられ,1625年宿に指定された。江戸日本橋からは2里8町,次宿の草加宿(現,埼玉県草加市)まで同じく2里8町。水戸佐倉道や下妻(しもつま)道が当宿で分岐,水戸佐倉道の新宿(にいじゅく)(現,葛飾区)や岩槻道(赤山街道)の舎人(とねり)(現,足立区)などにも継ぎ送った。宿場は初め千住1丁目〜同5丁目(現,足立区)の5町,のち南に続く掃部(かもん)宿(河原町・橋戸町を含む,現足立区),次いで荒川南岸の小塚原(こづかはら‖こづかっぱら)町・中村町(現,荒川区)が加えられ,計10町となる。千住1丁目〜5丁目を本宿または千住北組,河原町・橋戸町を含む掃部宿を新宿または千住中組,小塚原町・中村町を千住南組といった。宿建人馬は50人・50匹。1843年には旅籠屋55軒,宿内の家数2370・人数9000余,本陣・脇本陣各1(《宿村大概帳》)。南組の旅籠屋を中心に食売(めしうり)女(飯盛女)が置かれ(公許150人),遊里としても機能。また近郊農村と江戸市中を繋ぐ流通拠点の役割も果たし,青物市場(ヤッチャバ)が河原町に立ち,地廻り米を扱う米穀問屋も多かった。→板橋宿内藤新宿品川宿

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の千住宿の言及

【千住】より

…以来,公用貨客を運送する伝馬役,歩行(あるき)役を負担し,その代償として地子免除などの特権を与えられた。当初は千住1~5丁目の5町(のちに本宿と呼称)であったが,万治年中(1658‐61)まず掃部(かもん)宿,河原町,橋戸町の3町(新宿,足立郡)を,次いで荒川南岸の小塚原・中村両町(南宿,豊島郡)を加宿とし,この10町を千住宿と称した。江戸四宿のうちで最長の町並みの宿場となり,幕末には家数約2300軒,人口約1万人を数えた。…

※「千住宿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

千住宿の関連情報