コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枇榔島 びろうじま

9件 の用語解説(枇榔島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

枇榔島
びろうじま

宮崎県北部,門川町の沖合い約 7kmにある周囲約 1.5kmの無人島。面積 0.043km2石英斑岩から成る島で,周囲は絶壁をなし,ところどころに段丘がみられる。最高点は標高 75m。島内はビロウが密生し,ウミスズメが生息している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

枇榔島
びろうじま

鹿児島県南東部,志布志湾に浮かぶ無人の小島。面積約 0.2km2志布志市に属する。中生層の岩山からなり,全島亜熱帯性植物で覆われる。ビロウなどの亜熱帯性植物群落は国指定特別天然記念物

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

枇榔島【びろうじま】

鹿児島県志布志市志布志湾内にある島。周囲約4kmの小島で最高点は83m。亜熱帯性植物群落(特別天然記念物)があり,特にビロウが多い。志布志から船が通じる。
→関連項目志布志[町]日南海岸国定公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

枇榔島

宮崎県東臼杵郡門川町、日向灘にある無人島。島名は亜熱帯性植物のビロウが多く自生することから。かつて美女が暮らしていたという伝説にちなみ、地元では「美女島」ともいう。

枇榔島

鹿児島県肝属(きもつき)郡南大隅町佐多岬の東約0.8kmに位置する無人島。亜熱帯性植物のビロウに覆われた小島で、島頂付近はオオミズナギドリの繁殖地。同県志布志市の枇榔島とは別の島。

枇榔島

鹿児島県志布志市、志布志港の南約4.3kmに位置する南北に長い無人島。南大隅町の枇榔島と区別して、志布志枇榔島とも呼ばれる。亜熱帯性植物の宝庫で、国の特別天然記念物に指定されている。同県肝属(きもつき)郡南大隅町の枇榔島とは別の島。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

びろうじま【枇榔島】

鹿児島県志布志湾内に浮かぶ,周囲約4km,最高所の標高83mの小島。志布志町に属し,志布志の沖合約5kmに位置する。中生代の砂岩からなる島全体がビロウに覆われるほか,全島で約180余種の亜熱帯性植物が群生し,あわせて国の特別天然記念物に指定されている。無人島であるが,夏季のみ海水浴場とキャンプ場が開設され,志布志港から定期船が往来する。【服部 信彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕枇榔島(びろうじま)


鹿児島県南東部、志布志(しぶし)湾にある島。面積0.2km2。志布志市に属する無人島。全島がビロウを主とする180種余の亜熱帯性植物におおわれる。亜熱帯性植物群落として国の特別天然記念物に指定。日南(にちなん)海岸国定公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

枇榔島
びろうじま

この呼称をもつ島は、鹿児島県に二か所ある。一つは肝属(きもつき)郡南大隅(みなみおおすみ)町にあり、他の一つは志布志(しぶし)市に属す。前者は九州最南端の佐多岬の東北東約1キロメートルの大隅(おおすみ)海峡にあり、周囲約1.4キロメートル、面積0.05平方キロメートル、最高点59メートルの小島である。後者は志布志湾央付近、志布志港より約5キロメートル、周囲約4キロメートル、最高点83メートルで、いずれも無人島。名称が示すように両者とも全島がビロウ(ヤシ科の高木)林で覆われ、他の亜熱帯植生も卓越する。前者は1964年(昭和39)霧島屋久(やく)国立公園(現在は霧島錦江湾(きんこうわん)国立公園)に、後者は日南海岸国定公園に編入されている。志布志湾の枇榔島亜熱帯性植物群落は、特別天然記念物に指定されている。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

枇榔島の関連キーワード鹿児島県志布志市有明町原田志布志〈町〉鹿児島県志布志市志布志町安楽鹿児島県志布志市志布志町内之倉鹿児島県志布志市志布志町志布志鹿児島県志布志市志布志町田之浦鹿児島県志布志市志布志町帖鹿児島県志布志市志布志町夏井鹿児島県志布志市松山町新橋鹿児島県志布志市松山町泰野

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

枇榔島の関連情報