コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久万 くま

2件 の用語解説(久万の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久万
くま

愛媛県中部,石鎚山脈南部の久万高原の地域。旧町名。 1901年町制。 1959年川瀬,父二峰の2村および美川村の一部と合体。 2004年8月面河美川柳谷村の3村と合併し久万高原町となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久万
くま

愛媛県中央部、上浮穴(かみうけな)郡にあった旧町名(久万町(ちょう))。現在は久万高原町(くまこうげんちょう)の西部を占める一地域。1901年(明治34)久万町(くままち)村が町制施行して久万町となり、1924年(大正13)菅生(すごう)村、1943年(昭和18)明神(みょうじん)村、1959年(昭和34)川瀬、父二峰(ふじみね)の2村を合併、2004年(平成16)面河(おもご)、美川(みかわ)、柳谷(やなだに)の3村と合併、久万高原町となる。旧久万町域は、四国山地西部の久万高原に位置し、仁淀(によど)川の支流久万川上流域を占め、国道33号(土佐街道)、380号が通じる。室町時代から久万山と称し、江戸時代は久万山六千石といい、大部分が松山藩領で、代官所が置かれた。水田耕作のほか、コウゾを栽培し紙漉(かみす)きも行った。1741年(寛保1)藩の紙割当て強制に抗して農民3000人が大洲城下へ逃散(ちょうさん)する久万山騒動が起きた。中心集落の久万地区は土佐街道の宿駅、また四国八十八か所第44番札所菅生山大宝寺(だいほうじ)の門前町である。農林業が盛ん。面積の8割以上が森林で、スギ、ヒノキの良材山地として知られ、久万茶や、自然条件を生かしたトマトなどの高冷地野菜も産する。円錐(えんすい)状の礫岩(れきがん)峰が連なる景観の古岩屋(ふるいわや)は、国の名勝に指定されている。[横山昭市]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久万の関連キーワード愛媛県上浮穴郡久万高原町相の木愛媛県上浮穴郡久万高原町久万久万〈町〉愛媛県上浮穴郡久万高原町沢渡愛媛県上浮穴郡久万高原町下畑野川愛媛県上浮穴郡久万高原町菅生愛媛県上浮穴郡久万高原町直瀬愛媛県上浮穴郡久万高原町七鳥愛媛県上浮穴郡久万高原町西谷愛媛県上浮穴郡久万高原町若山

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久万の関連情報