コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核磁気モーメント かくじきモーメントnuclear magnetic moment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核磁気モーメント
かくじきモーメント
nuclear magnetic moment

原子核のもつ磁気双極子能率。核スピンと同じ方向のベクトルで,核磁子を単位として正または負の1の桁の値をとる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かくじきモーメント【核磁気モーメント nuclear magnetic moment】

原子核の磁気モーメント。ゼロと異なるスピンをもつ原子核はその状態によって決まる磁気(双極子)モーメントをもっている。これは原子核の構成要素である陽子と中性子がそれぞれ磁気モーメントをもち,また陽子の電荷が軌道運動をすることによって生ずる。その大きさは陽子の電荷をe,質量をmp,真空中の光速度をc,ħ=h/2π(hはプランク定数)として,eħ/2mpc=5.050824×10-24erg/ガウス(=5.050824×10-27J/T)で表される核磁子を単位に測られ,電子の場合のボーア磁子の1800分の1程度である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の核磁気モーメントの言及

【磁気モーメント】より

…強磁性の場合,この微視的な電子の磁気モーメントの向きがそろい,巨視的な磁石の磁気モーメントとして現れる。電子の磁気モーメントに比較するとその大きさは1000分の1程度であるが,原子核もそれを構成する核子に由来する磁気モーメント(核磁気モーメント)をもっている。これらの磁気モーメントの起源となる回転運動は量子力学に基づくもので,したがって磁気モーメントも量子論的なものである。…

※「核磁気モーメント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

核磁気モーメントの関連キーワードパーセル(Edward Mills Purcell)ブロック(Felix Bloch)メスバウアー効果コリンハ機構ナイトシフトシュミット値プランク定数核磁気共鳴核磁気誘導ブロッホ光速度核磁性重陽子

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android