コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根保証 ねほしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

根保証
ねほしょう

当座貸越契約,手形割引契約,継続的売掛契約などの継続的取引関係から生じる増減変動する一団の不特定債務を一定の決算期を定めて保証する契約。根担保の一種であり,判例上,その有効性が認められている。被担保債権は根保証契約の当時において存在することを要せず,将来において発生する可能性があれば足りる。将来,現実に債権が発生したときに,それに伴い保証債務も発生する。根保証においては被担保債権の極度額の定めは不可欠の要素ではないから,無限保証の例も少くない。根保証はいわゆる継続的保証であって,保証人保護の必要性が大きいので,取引慣行と信義則に従い,そのための判例理論が樹立されている。 (→根抵当 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ね‐ほしょう【根保証】

債務者が現在保有する債務、また将来保有する債務のすべてについて保証する約束。包括根保証(限度額と期間を定めない保証)と限定根保証(限度額と期間を定めた保証)とがあるが、平成16年(2004)の民法改正により、包括根保証は禁止された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

事業再生用語集の解説

根保証

融資枠に対して連帯保証すること。 たとえば、当初連帯保証している債務額が500万円でも、1000万円までの根保証契約にサインしている場合、債務者はその枠いっぱいまで追加融資を受けることができる。追加融資の際には連帯保証人に連絡を取る必要がないため、後になって連帯債務額が大幅に膨らんでいることを知る羽目になるケースが多い。

出典 (株)セントラル総合研究所事業再生用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

ねほしょう【根保証】

継続的な取引関係から生じる複数の債務を継続的に保証すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根保証
ねほしょう

当座貸越契約や問屋など継続的な取引関係からは将来多数の債務が発生するが、これらを一括して主たる債務として保証することが判例上認められている。これを根保証という。将来の特定の債権ではなく、増減変動する一団の不特定の債権を被担保債権とする根担保の一種である。保証する限度(極度額)は当事者の約定によるが、無限であってもよい。[淡路剛久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の根保証の言及

【保証】より


【民法】
 保証債務または保証契約のこと。保証債務とは,債務者(主たる債務者)が債務を履行しない場合に,これに代わって履行しなければならない他の者(保証人)の従たる債務をいい,保証契約とはこのような場合の債権者と保証人との間の契約をいう。たとえば,A(主たる債務者)がB(債権者)から100万円借り受けて,C(保証人)がこれを保証したとすると,Aが100万円を返済しないとCがAに代わってその返済をしなければならない。…

※「根保証」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

根保証の関連キーワード民法の現代語化商工ローンSFCG個人保証淡路剛久根抵当権複数

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android