桂=タフト協定(読み)かつら=タフトきょうてい(英語表記)Taft-Katsura Memorandum

  • かつらタフトきょうてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1905年7月 29日,東京で桂太郎首相とアメリカ大統領特使 W.タフト陸軍長官との間で取りかわされた秘密覚え書。内容は,(1) 日本はアメリカのフィリピン統治を認め,フィリピンに対して侵略的意図をもたない,(2) 極東の平和維持は,日本,アメリカ,イギリス3国間の合意に基づいてはかられるべきこと,(3) アメリカは朝鮮に対する日本の優越支配を承認する,の3点を骨子とした。台湾を足場にフィリピンに対する日本の南下を危惧するアメリカと,日露戦争後の朝鮮支配を列国に認めさせたい日本の思惑が重なって成立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

1905年7月桂太郎首相が米国大統領特使タフト陸軍長官と交換した秘密覚書。米国のフィリピン統治と日本の韓国大韓帝国)に対する保護・監督の権を相互に承認し,極東平和のため日・英・米3国の好意ある了解を認めるというもの。第2回日英同盟ポーツマス条約などと併せ,韓国保護国化,日韓併合への重要な布石となった。
→関連項目タフト

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1905年,アメリカと日本の間にかわされた朝鮮(大韓帝国)およびフィリピンに関する秘密覚書。同年7月,フィリピン視察の帰途来日したアメリカ陸軍長官W.H.タフトは桂太郎首相と会談し,両者はつぎのような覚書を確認した。(1)日本はアメリカのフィリピン統治を承認する。(2)極東平和のため日本,アメリカ,イギリス3国間に好意ある了解を必要とする。(3)アメリカは韓国に対する日本の優越的支配を承認する。この秘密覚書はその後T.ローズベルト大統領によって追認された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android