コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂=タフト協定 かつら=タフトきょうてい Taft-Katsura Memorandum

3件 の用語解説(桂=タフト協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂=タフト協定
かつら=タフトきょうてい
Taft-Katsura Memorandum

1905年7月 29日,東京で桂太郎首相とアメリカ大統領特使 W.タフト陸軍長官との間で取りかわされた秘密覚え書。内容は,(1) 日本はアメリカフィリピン統治を認め,フィリピンに対して侵略的意図をもたない,(2) 極東の平和維持は,日本,アメリカ,イギリス3国間の合意に基づいてはかられるべきこと,(3) アメリカは朝鮮に対する日本の優越支配を承認する,の3点を骨子とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

桂=タフト協定【かつらタフトきょうてい】

1905年7月桂太郎首相が米国大統領特使タフト陸軍長官と交換した秘密覚書。米国のフィリピン統治と日本の韓国(大韓帝国)に対する保護・監督の権を相互に承認し,極東平和のため日・英・米3国の好意ある了解を認めるというもの。
→関連項目タフト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かつらタフトきょうてい【桂=タフト協定】

1905年,アメリカと日本の間にかわされた朝鮮(大韓帝国)およびフィリピンに関する秘密覚書。同年7月,フィリピン視察の帰途来日したアメリカ陸軍長官W.H.タフトは桂太郎首相と会談し,両者はつぎのような覚書を確認した。(1)日本はアメリカのフィリピン統治を承認する。(2)極東平和のため日本,アメリカ,イギリス3国間に好意ある了解を必要とする。(3)アメリカは韓国に対する日本の優越的支配を承認する。この秘密覚書はその後T.ローズベルト大統領によって追認された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桂=タフト協定の関連キーワードアメリカバイソンアングロアメリカアメリカ杉アメリカ地中海アメリカ松アメリカン亜米利加アメリカ草あめりか物語椎名武雄建部遯吾桂タフト協定安保懇桂太郎内閣西園寺公望内閣鈴木貫太郎内閣東京遷都残留孤児・婦人訴訟判決現憲法下の首相の在任期間疋田桂太郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone