コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜間道雄 さくらまみちお

7件 の用語解説(桜間道雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜間道雄
さくらまみちお

[生]1897.9.14. 熊本
[没]1983.5.27. 東京
能楽師,金春流シテ方。桜間林太郎の次男。伯父の左陣および従兄の金太郎 (弓川) に師事した。 1914年『忠度』で初シテ。研究と工夫を積重ねた巧緻な芸風で知られた。 69年芸術選奨文部大臣賞受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さくらま‐みちお〔‐みちを〕【桜間道雄】

[1897~1983]能楽師。シテ方金春流。熊本の生まれ。桜間左陣桜間弓川に師事。巧緻(こうち)・艶麗な芸風と、独自な曲の解釈を特色とした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

桜間道雄【さくらまみちお】

能楽師。金春(こんぱる)流シテ方。熊本県生れ。桜間伴馬の甥。伯父および従兄の桜間弓川に師事。巧みな芸と,技術を超えた様式を確立し,新作能にも挑戦。旺盛な意欲をもち,晩年まで第一線で活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜間道雄 さくらま-みちお

1897-1983 大正-昭和時代の能楽師シテ方。
明治30年9月14日生まれ。金春(こんぱる)流。伯父桜間伴馬(ばんま)らにまなぶ。昭和30年三島由紀夫作・武智鉄二演出の「綾の鼓」に主演。45年老女物の秘曲「檜垣(ひがき)」を上演。同年人間国宝。昭和58年5月27日死去。85歳。熊本県出身。著作に「能―捨心の芸術」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

さくらまみちお【桜間道雄】

1897‐1983(明治30‐昭和58)
能楽師。金春(こんぱる)流シテ方。桜間林太郎(桜間伴馬(ばんま)の末弟)の次男。はじめ父に師事し,1913年上京後は伯父の伴馬について修業。堅確な技術をもって早くから実力を評価されていたが,花開いたのは60年代以降で,伯父譲りの巧緻・艶麗な芸風に自己の研鑽と主張を積み重ね,高度な技術を有すると同時に,技術を超えた高い様式を獲得した。あらゆる曲趣に秀でていたが,とくに《定家》《江口》《西行桜》などが名演として知られ,老女物の秘曲《檜垣(ひがき)》を2回,壮者の体力と集中力を要する《道成寺》を70歳と84歳で舞うなど,老いを感じさせぬ意欲と探求心を示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さくらまみちお【桜間道雄】

1897~1983) 能楽師。シテ方金春流。桜間左陣の弟林太郎の次男。熊本生まれ。伯父左陣に師事。高い様式を獲得した名手。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜間道雄
さくらまみちお
(1897―1983)

能役者。金春(こんぱる)流シテ方。桜間林太郎の次男。熊本市生まれ。16歳で上京、伯父の桜間伴馬(ばんま)、従兄弟(いとこ)の桜間金太郎(後の弓川(きゅうせん))に師事する。同年生まれで、同じ熊本出身の名手本田秀男、桜間弓川亡きあと、磐石(ばんじゃく)の技術と独特の能の主張で能界に重きをなした。老女能『檜垣(ひがき)』を流儀に復興、三度演じ、84歳で『道成寺』を舞うなど、前人未到の業績を残した。1970年(昭和45)に重要無形文化財保持者に認定される。油絵をよくし、また武智(たけち)鉄二演出の『綾(あや)の鼓』(三島由紀夫作)、『絵姿女房』(矢代(やしろ)静一作)などにも出演している。著書に『能――捨心の芸術』がある。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜間道雄の関連キーワード桜間弓川桜間左陣金春信高金春座金春仕手方金春氏安金春広成金春喜家本田秀男

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桜間道雄の関連情報