コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梁川[町] やながわ

百科事典マイペディアの解説

梁川[町]【やながわ】

福島県北東部,伊達(だて)郡の旧町。福島盆地北東端にある阿武隈(あぶくま)川流域に耕地が広がる。広瀬川の谷に主集落は小城下町として発達,かつて蚕種業が盛んであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やながわ【梁川[町]】

福島県北東部,伊達郡の町。人口2万1745(1995)。福島盆地北東部にあり,北と東は宮城県に接する。西部より北東流する阿武隈川流域に耕地が広がり,広瀬川の谷口付近に中心集落の梁川がある。東部一帯は阿武隈高地の山間丘陵地帯となっている。中世初期に伊達氏が梁川城を築き,以来,鎌倉・室町時代を通じて南奥州の中心として栄えた。さらに伊達氏が仙台に本拠を移した後も阿武隈川水運の一拠点をなし,伊達地方の中心地として発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梁川[町]の関連キーワードあぶくま流域

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梁川[町]の関連情報