コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森寛斎 もり かんさい

美術人名辞典の解説

森寛斎

日本画家山口県生。名は公粛、字は子容、別号に晩山。森徹山の門に入り、その養子となる。幕末には尊王派として国事に奔走、維新後は京都で如雲社に参加し、塩川文麟歿後、その中心的存在となった。また京都府画学校の教授を務め、京都画壇の重鎮として、野村文挙山元春挙らの門人を育成する。帝室技芸員。明治27年(1894)歿、81才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

森寛斎【もりかんさい】

幕末〜明治初期の画家。長州藩士の石田家に生まれ,名は公粛,字は子容。森狙仙の養子である森徹山〔1775-1841〕に学び,その養子となった。国事に奔走した時期もあるが,維新後は画業に専念,円山派描法を明治に伝えた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森寛斎 もり-かんさい

1814-1894 江戸後期-明治時代の日本画家。
文化11年1月1日生まれ。円山派の森徹山に師事し,その養子となる。幕末には長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の密使として活動。維新後は京都で画業に専念し,帝室技芸員となった。門下に山元春挙ら。明治27年6月2日死去。81歳。長門出身。本姓は石田。名は公粛。字(あざな)は子容。作品に「松間瀑布」「後赤壁図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

森寛斎

没年:明治27.6.2(1894)
生年:文化11.1.11(1814.3.2)
幕末明治期の日本画家。長州(萩)藩士の子として生まれる。本姓石田,幼名は幸吉のち尚太郎,字は子容。天保2(1831)年大坂に出て森徹山に入門,円山派の絵を学び,のち徹山の養子となる。安政2(1855)年御所造営に参加し揮毫するが,幕末は国事に奔走,密使としてたびたび長州,京都を往復する。勤皇の志士と交わり,品川弥二郎とは以後長く親交があったという。明治維新後,京都で如雲社に参加,塩川文麟没後,同社および京都画壇の中心的存在となった。各種博覧会で高賞を受賞し,明治13(1880)年京都府画学校出仕,19年京都青年絵画研究会会長,23年帝室技芸員。

(佐藤道信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森寛斎
もりかんさい

[生]文化11(1814).萩
[没]1894.6.2. 京都
江戸時代末期~明治初期の画家。本名は石田公粛,字は子容,号は寛斎ほか。天保6 (1835) 年大坂に出て,円山応挙門下の森徹山に師事,技量を認められ師の養子となった。さらに京都に出て,衰えつつあった円山派の振興に尽すとともに,勤王の志士として国事にも奔走。維新後は塩川文麟の主宰した如雲社を継承して多くの後進を養成,野村文挙,山元春挙などの俊才を出した。帝室技芸員。主要作品『蓬莱山水図』 (1872,白鶴美術館) ,『松間瀑布図』 (90) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森寛斎
もりかんさい
(1814―1894)

幕末から明治の日本画家。長州藩士石田伝内の三男として萩(はぎ)(山口県)に生まれる。名は公粛、字(あざな)は子容。12歳で太田田竜に入門、桃蹊(とうけい)と号した。22歳で大坂に出、円山(まるやま)派の森徹山(てつざん)(1775―1841)に師事し、25歳のとき徹山に認められてその養子となり、森姓を継いだ。維新後に多くの博覧会や共進会で名声を高め、塩川文麟(ぶんりん)(1808―77)の没後は、京都画壇の中心として如雲社を主宰した。1890年(明治23)に、橋本雅邦(がほう)らと第1回帝室技芸員に任ぜられている。江戸時代の円山派の写生画法を明治に伝えるとともに、それに文人画の情趣的感覚を加えた作風を特色とする。門下から野村文挙(ぶんきょ)(1854―1911)、山元春挙(やまもとしゅんきょ)らが出た。[玉蟲玲子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の森寛斎の言及

【円山四条派】より

…幕末期活躍した画家に円山派の中島来章(1796‐1871)と四条派の塩川文麟(1808‐77)があり,前者の門に川端玉章が現れ,両者に学んだ幸野楳嶺(ばいれい)(1844‐95)は創作とともに教育に力を尽くし,その門から菊池芳文(1862‐1918),三宅呉嶠(ごきよう)(1864‐1919),竹内栖鳳,谷口香嶠(こうきよう)(1864‐1915)ら逸材が輩出した。円山派の森寛斎(1814‐94)や鈴木百年(1825‐91)・松年(1849‐1918)父子も幕末明治期京都画壇の大家として活躍した。【河野 元昭】。…

【森狙仙】より

…江戸後期の大坂画壇を代表する画家の一人。名は守象,初め祖仙と号した。父,2人の兄とも画家という恵まれた環境に育った。初め狩野派の画家に学んだが,写生に立脚した平明な画風をひらいた円山応挙の影響を受け,身近な動物を得意とした。特に精細な描写に擬人化したユーモアを感じさせる猿の絵が名高い。次兄周峯の子で応挙に師事した徹山(1775‐1841)を養子に迎えて後継者とし,さらに徹山門下に一鳳(1797‐1851),寛斎(1814‐94)が出て森派を形成した。…

※「森寛斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

森寛斎の関連キーワード山口県立美術館日本美術協会野村 文挙藪内透月斎田中 頼璋内海 吉堂山元 春挙奥谷秋石内海吉堂福永晴帆宮戸松斎中島華鳳邨松雲外田総百山明治時代徳力幽雪巌島虹石駒井孝礼田中頼璋木村泉石

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android