コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椀貸伝説 わんかしでんせつ

3件 の用語解説(椀貸伝説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

椀貸伝説
わんかしでんせつ

池,沼,塚,洞穴などで膳椀を頼めば貸してくれるとする伝説。全国に広く分布している。椀を貸してくれるのは池か沼,洞穴などの主である山姥 (やまうば) ,大蛇,きつね,河童 (かっぱ) などといわれており,また,不心得者がいて,借りた椀を返さなかったため,以後貸してもらえなくなったという話がついている。この伝説の由来については,木地屋 (きじや) と呼ばれた椀作りの工人との沈黙交易の歴史が説話化されたとする説と,土器の出土の謎を説明しようとするところから生れたとする説の2つがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

椀貸伝説【わんかしでんせつ】

椀貸塚,椀貸池などで頼めば膳(ぜん)・椀を貸してくれたという伝説で,全国に分布し,不心得者が返さなかったため今では貸さなくなったと伝える。その土地から実際に土器などの出土することもあるが,木地屋(きじや)のように椀を作る者との沈黙交易の説話化とみる説が有力。
→関連項目隠れ里伝説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わんかしでんせつ【椀貸伝説】

人寄せで多くの膳椀が入用の場合,その数を頼むと貸してくれるという沼や淵の話。全国的に分布がみられる。膳椀だけではなく,家具や金銭を貸したというところもある。しかし不注意から破損したり,心がけの悪い者が数をごまかして返したので,その後は貸さなくなったという。品物の用意される場所は沼や淵のほか,池,塚,山,洞穴,祠などである。具体的な貸主をいわないところもあるが,竜神,蛇,乙姫(おとひめ)など水神の表象といえるものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone