コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村環 うえむらたまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

植村環
うえむらたまき

[生]1890.8.24. 東京
[没]1982.5.26. 東京
牧師,伝道者,社会運動家。日本のキリスト教界の指導者植村正久三女として生れる。女子学院を卒業後,アメリカのウェルズリー大学に留学。 1917年結婚するが,2年後に夫と死別。その後女子学院などで教鞭をとっていたが,25年父の死を機に伝道者の道を歩むことを決意,イギリスのエディンバラ大学神学科に学ぶ。 31年日本基督教会柏木教会を設立,日本初の女性伝道師となった。日本 YMCA会長,世界 YMCA副会長などを歴任。第2次世界大戦後の 46年には北米長老派教会の招きで日本人として初めて公式に渡米し,反日感情をやわらげる役割を果した。 55年湯川秀樹らと「世界平和アピール7人委員会」を結成するなど,平和運動にも尽力した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村環 うえむら-たまき

1890-1982 昭和時代の女性運動家,牧師。
明治23年8月24日生まれ。植村正久の3女。アメリカ留学後,津田英学塾などでおしえる。のちイギリスのエジンバラ大で神学をまなび,昭和6年東京柏木教会を設立して牧師となる。のち日本YWCA会長。戦後は平和運動につくし,30年世界平和アピール七人委員会にくわわり,核実験禁止などをうったえた。昭和57年5月26日死去。91歳。東京出身。女子学院卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うえむらたまき【植村環】

1890‐1982(明治23‐昭和57)
キリスト教婦人運動家。植村正久の三女。東京生れ。女子学院を経てウェルズリー女子大に学ぶ。1917年川戸洲三と結婚,2子をもうけてほどなく死別。父の死後エジンバラ大学で神学を修め,30年東京柏木教会で伝道を開始。39‐61年YWCA会長。戦時中,在日台湾人留学生の保護・世話に尽力,戦後55年11月湯川秀樹らと〈世界平和アピール七人委員会〉をつくり核兵器禁止を訴えた。【塩田 咲子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うえむらたまき【植村環】

1892~1980) 牧師。東京生まれ。正久の三女。柏木教会を開く。 YWCA 会長を長く務め、核実験中止を訴えるなど平和運動に尽力。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

植村環
うえむらたまき
(1890―1982)

牧師、女性運動家。東京に生まれる。植村正久の三女。女子学院を卒業、アメリカのウェルズレー大学に留学。女子学院、津田英学塾、自由学園で教える。父の死後、イギリスのエジンバラ大学神学科に学び、帰国後の1930年(昭和5)東京・新宿に柏木(かしわぎ)教会を開き牧師となった。1938年YWCA会長、1939年世界YWCA副会長に就任。第二次世界大戦後は1946年(昭和21)北米長老派教会の招きで渡米、各地で講演し日米相互理解に努めた。また、1955年には湯川秀樹らと「世界平和アピール七人委員会」を設立、核実験中止を訴えるなど平和運動に功績を残した。[北河賢三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

植村環の関連キーワード昭和時代

植村環の関連情報