極端(読み)きょくたん

精選版 日本国語大辞典「極端」の解説

きょく‐たん【極端】

〘名〙
① 物のいちばんはし。はしのはし。
※亜非利加内地三十五日間空中旅行(1883‐84)〈井上勤訳〉五「久しからずして此の旅行者が探究したる極端(キョクタン)に達することを得ん」
② それが限度で余地のない状況。極限。
※東京日日新聞‐明治九年(1876)一一月一三日「かの賊徒が太だ天理に背き人道に戻るの極端に達したるを」
③ (形動) 非常にかたよること。中正を失うこと。普通の程度をはずれること。また、そのさま。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉九「極端に言へば、若しシェエクスピイアのやうな作が新しく出たら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「極端」の解説

きょく‐たん【極端】

[名・形動]
普通の程度から大きく外れていること。一方にはなはだしくかたよっていること。また、そのさま。「議論が極端から極端へ走る」「極端な言い方」
もののいちばんはし。
[派生]きょくたんさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android