コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極度 キョクド

デジタル大辞泉の解説

きょく‐ど【極度】

[名・形動]
物事の程度の限界のところ。極限。
「此孔雀の舌の料理は…豪奢風流の―と」〈漱石吾輩は猫である
程度のはなはだしいこと。また、そのさま。「極度に緊張する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょくど【極度】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
程度のはなはだしい・こと(さま)。 「 -に困窮する」 「 -の疲労」
物事の程度がそれ以上にならないところ・程度。極限。 「人心の品位にも亦-ある可らず/文明論之概略 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

極度の関連キーワードシュレジンガー現象(徴候)トレーシングペーパースーパーリアリズムクリプトビオシス神経性食欲不振症クリーン・ルームネクロフォビアサイバーパンクフラティチェリブランクーシ見下げ果てる大病に薬なしニコルソン赤面恐怖症マラスムスフィーバー対人恐怖症債権極度額飢饉・饑饉外交断絶

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

極度の関連情報