極度(読み)キョクド

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
物事の程度の限界のところ。極限。
「此孔雀の舌の料理は…豪奢風流の―と」〈漱石吾輩は猫である
程度のはなはだしいこと。また、そのさま。「極度に緊張する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 物事の程度が、それ以上にはならない限界のところ。また、その程度。極端。極限。かぎり。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「応援不便なれども随て勝ち随て迫り十五日は其極度に至れり」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「此孔雀の舌の料理は〈略〉豪奢風流の極度」
② (形動) 程度のはなはだしいこと。また、そのさま。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一九「道義の観念が極度(キョクド)に衰へて」
※抒情小曲集(1918)〈室生犀星〉自序「極度に人懐こい、もの恋しげな心を不断に有ってゐた私は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

極度の関連情報