途方もない(読み)トホウモナイ

デジタル大辞泉の解説

途方(とほう)もな・い

道理に合わない。とんでもない。途方途轍(とてつ)もない。「一枚の絵に―・い高値がつく」
並々でない。ずぬけている。途方途轍もない。「―・い大酒飲み」
手段が尽きて困り果てる。途方に暮れる。
「葬らんと思ひて北原へ連れては行けども、なにとも―・いなり」〈中華若木詩抄・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とほうもない【途方もない】

筋道にはずれる。道理にはずれる。途方途轍もない。 「 - ・い無理難題」
並はずれている。とんでもない。途方途轍もない。 「 - ・い大きな計画」
手段にまよう。途方に暮れる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

途方もないの関連情報