コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大変 タイヘン

デジタル大辞泉の解説

たい‐へん【大変】

[名・形動]
重大な事件。大変事。一大事。「国家の大変
物事が重大であること。また、そのさま。「大変な失敗をする」「大型台風の通過で大変な被害を受ける」
「弥次さんおめえ何のまねをしたのだ―をやらかしたぜ」〈魯文西洋道中膝栗毛
苦労などが並々でないこと。また、そのさま。「大変な目にあう」「毎日の暮らしが大変だ」
[派生]たいへんさ[名]
[副]程度のはなはだしいさま。非常に。たいそう。「大変おもしろい」「大変失礼しました」
大層(たいそう)用法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいへん【大変】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
大きな異変。大事件。 「国家の-」
大きな危険や損害をもたらしそうで捨てておけないこと。事が重大であること。また、そのさま。 「 -な事件」
苦労のはなはだしいこと。対処するのが容易でないこと。また、そのさま。おおごと。 「準備が-だ」 「重くて-な仕事」
[派生] -さ ( 名 )
( 副 )
普通の程度をはなはだしく超えているさま。たいそう。 「 -驚く」 「 -世話になった」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大変の関連キーワード結構毛だらけ猫灰だらけ見ると聞くとは大違い人を使うは苦を使うハードスケジュール締まり屋・締り屋剃刀の刃を渡る一世を風靡するオーマイゴッドそれにつけても狸の睾丸八畳敷顔から火が出る土一升金一升ひょっとして骨髄を砕くとてシャン熱鉄を飲む水火を踏む並並ならぬ刻苦勉励金殿玉楼

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大変の関連情報