コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽器製造業 がっきせいぞうぎょう

2件 の用語解説(楽器製造業の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

がっきせいぞうぎょう【楽器製造業】

日本における近代的楽器製造は,日本楽器製造(現ヤマハ)の創業者山葉寅楠が1887年オルガン製作に成功したことに始まる。日本楽器製造は,ドイツから技術者を招いたり海外に社員を派遣して欧米の技術を吸収,第2次大戦で工場の大半を焼失したが,1960年代に入って,高度成長の波にも乗って急成長し,欧米諸国の楽器産業斜陽化をよそに,世界をリードするまでになっていった。楽器製造業の特徴としては,(1)総じて労働集約的で多品種少量生産の傾向が強い,(2)メーカーは,全国楽器製造業協会加盟の約170社,高級手工品を手がける個人業者,下請業者を加えると300社近く,事業所は1000を超すが,ほとんどが二大メーカーの立地する静岡県にある,(3)その一方で,世界1,2位の楽器総合メーカー,ヤマハ,河合楽器製作所が存在する,ということがあげられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楽器製造業
がっきせいぞうぎょう

鍵盤(けんばん)楽器、弦楽器、管楽器、打楽器、電子楽器などを製造する工業。
 在来の和楽器を除く、西洋楽器の工場生産は、日本では欧米より100年以上も遅れて始まった。第二次世界大戦後、学校教育における音楽教育の普及と大衆化、音楽教室の増加等を背景に、鍵盤楽器、とくにピアノ製造を中心に急成長、1983年(昭和58)にはピアノ生産台数が32.8万台、電子オルガンが26.1万台と世界最大の生産国となり、楽器総合メーカーとして世界的企業であるヤマハ、河合楽器製作所を生み出すに至っている。全国楽器製造協会加盟の168社、高級手工品を作成する個人業者、下請業者を加えると300社近い業界のなかで、ヤマハ、河合楽器製作所の両社は鍵盤部門で国内で大きなシェアを握り、高度の職人的加工技術を蓄積し、多額の設備投資を重ね、寡占体制を確立している。浜松に立地するこの二大メーカーは、原木・製材・合板・乾燥・鉄骨・部品の一貫生産を行っているが、1990年代以降製造拠点を中国などへ移転する傾向が顕著である。ギターなど手工業的性格の強いものは中小企業が生産の大部分を担い、集中度が低い。電子楽器部門には大手電機メーカーの進出がみられ、競争も激しい。
 ピアノと電子オルガンの販売数量は、1980年前後をピークに急減している。出生率低下等の構造的要因により、ピアノの普及率が国内では飽和水準に達したことから、国内市場には今後ともあまり大きな伸びを期待できない状況にある。今後、市場として成長が期待されるのは、中国を中心とする新興国市場であり、現地生産を含めた海外市場の開拓が成長の鍵(かぎ)となるだろう。「電子キーボード」「シンセサイザー」に代表される電子楽器の需要は、国内でも一定の成長が見込まれる。ピアノやギターをはじめとする楽器需要を、今後も国内で創出してゆくためには、従来の学校教育中心の需要構造に依存することなく、生涯教育や趣味の多様化傾向に対応するかたちで、需要を新規開拓してゆく必要があろう。[殿村晋一・永江雅和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楽器製造業の関連キーワード擦弦楽器ヤマハ発動機河合楽器製作所エレクトーン河合小市山葉寅楠和楽器持田康典日本近代五種・バイアスロン連合MPBUJ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

楽器製造業の関連情報