コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画する/劃する カクスル

デジタル大辞泉の解説

かく・する〔クワクする〕【画する/×劃する】

[動サ変][文]くゎく・す[サ変]
線を引く。
「俯(ふ)して砂上(しゃじょう)に字を―・するものもある」〈魯庵社会百面相
物事をはっきり分ける。区分する。「一線を―・する」「新時代を―・する事件」
計画を立てる。企てる。図る。「会社乗っ取りを―・する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

画する/劃するの関連キーワードベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第28番 イ長調/piano soloジョージ・エドワード・ベイトマン センツベリチェスターフィールド(伯)注連縄・標縄・七五三縄糸魚川ゲッティンゲン大学糸魚川‐静岡構造線エドワード[3世]S. ペキンバーブッシュマン絵画尊王攘夷[中国]労働者教育協会ギリシア科学沖縄舟状海盆エルナニ事件モニュメント山上 伊太郎プリンキピアコハノフスキ鎌倉時代美術

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android