(読み)そう

精選版 日本国語大辞典「槽」の解説

そう サウ【槽】

〘名〙
① 家畜に与える飼料などを入れる桶(おけ)。かいばおけ。〔晉書‐宣帝紀〕
② 液体を入れる容器。ふね。
※色葉字類抄(1177‐81)「槽 サウ サカフネ酒」 〔李賀‐江楼曲〕
③ 弦楽器の部分名。主として雅楽器の場合に用いる用語。琵琶(びわ)ではの背面の板をいい、箏(そう)や和琴(わごん)では表板をいう。俗に甲とも。
※源平盛衰記(14C前)三一「又此の琵琶の造り様、紫藤(しとう)の槽(サウ)(ばち)の腹、花梨木(くゎりぼく)の頭に同天の首」

うけ【槽】

〘名〙 (「おけ(麻笥)」と同意の語か) 語義未詳。口の広い桶か。誓槽(うけぶね)
※古事記(712)上「天の石屋戸に汙気(ウケ)伏せて踏みとどろこし神懸(かむがか)り為(し)て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「槽」の解説

そう【槽】[漢字項目]

常用漢字] [音]ソウ(サウ)(漢) [訓]ふね おけ
家畜の飼料を入れる桶。かいばおけ。「槽櫪そうれき馬槽
水などをためる容器。ふね。おけ。「水槽浴槽
おけのように中央部がくぼんだもの。「歯槽
[難読]湯槽ゆぶね

うけ【槽】

空の入れ物。たらいのような容器。うけぶね。
「天の石屋戸いはやとに―伏せて踏みとどろこし」〈・上〉

そう〔サウ〕【槽】

琵琶びわの胴。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android