コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青蘿 せいら

世界大百科事典 第2版の解説

せいら【青蘿】

1740‐91(元文5‐寛政3)
江戸中期の俳人。姓は松岡,通称は鍋五郎。別号は幽松庵,栗庵,栗の本,三眺庵,香松庵,山李坊,令茶など。播磨国姫路の人。江戸詰の姫路藩士松岡門太夫の三男として江戸に生まれた。同藩の武沢喜太夫の養子になり,6歳で養父を失い,一時はその名跡をついだが,やがて本姓にもどった。1755年(宝暦5)御勘定人となって江戸藩邸に勤めたが,身持が不良のため,59年姫路に移され,62年禄を離れて姫路を追われた。俳諧は12歳で玄武坊に学び,蝶夢にも影響されたが,姫路を離れて諸国をめぐるようになってからは,いよいよ俳諧に打ちこんだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青蘿
せいら
(1740―1791)

江戸中期の俳人。松岡氏。通称鍋五郎。別号幽松庵、栗庵(りつあん)、栗(くり)の本(もと)など。播磨(はりま)国姫路(兵庫県姫路市)に生まれ、江戸詰の姫路藩士であったが、身持ちが悪く放逐された。その後諸国を行脚(あんぎゃ)、29歳で剃髪(ていはつ)してから俳諧(はいかい)活動に傾倒した。初め玄武坊に学び、闌更(らんこう)の影響も受けた。樗良(ちょら)、蕪村(ぶそん)、几董(きとう)、暁台(きょうたい)らと交友し、中興俳人の有力者となった。俳風は平明ながら枯淡味をもつ。編著に『青蘿発句集』(1797)ほか。寛政(かんせい)3年6月17日没。
 雉子啼(きじな)いて跡は鍬(くは)うつ光かな[松尾勝郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

青蘿の関連キーワード俳句(文学)神谷玄武坊沢田東江三浦樗良松岡青蘿松岡大蟻中谷梧庵栗本玉屑上野青岐虫の音樗良

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青蘿の関連情報