コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

権門体制 けんもんたいせい

百科事典マイペディアの解説

権門体制【けんもんたいせい】

日本中世の国家形態・支配機構を示す歴史学上の概念。天皇家・摂関家をはじめとする公家,寺社(寺家社家),幕府(武家)など複数の権門勢力が,相互補完また競合しながら荘園公領制を通じて農民(農奴)を支配したとする見解。
→関連項目権門勢家

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんもんたいせい【権門体制】

日本中世の国家機構を包括的に示すための歴史学上の概念。黒田俊雄〈中世の国家と天皇〉(《岩波講座日本歴史》中世2,1963)ではじめて提唱された。この論文では,日本中世の国家支配機構は,それまでのように幕府によって代表されるとみるのでなく,天皇家・摂関家その他の公家,南都・北嶺をはじめとする大寺社(寺家,社家),幕府(武家)など,複数の権門的勢力の相互補完と競合のうえに成り立っているとみる。これらもろもろの権門は,それぞれが結集している主たる階級や組織形態に差異があるが,いずれも政治的社会的に権勢をもち,荘園支配など家産的経済を基礎とし,政所(まんどころ)その他家政機関と家司(けいし)をもち,下文(くだしぶみ),奉書など基本的に同一様式の文書を発給し,多少とも私的武力を備えた門閥的集団であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

権門体制
けんもんたいせい

日本中世の国家体制をさす歴史学上の概念。黒田俊雄『中世の国家と天皇』(『岩波講座 日本歴史 中世2』所収・1963)で初めて提唱された。この説では、日本中世の国家機構は、それまでの通説のように幕府の組織をもって説明すべきでなく、複数の権門的勢力の競合対立と相互補完のうえに、天皇と朝廷を中心に構成されていたとみる。この複数の権門とは、王家(天皇家)・摂関家(せっかんけ)その他の公家(くげ)、南都北嶺(なんとほくれい)をはじめとする大寺社、幕府=武家などで、それぞれが組織している主たる社会層や結集形態には差異がある。しかし、いずれも政治的社会的に権勢をもつ門閥的勢力であって、荘園(しょうえん)・公領(こうりょう)の支配を経済的基礎とし、政所(まんどころ)など家政機関と家司(けいし)を擁し、下文(くだしぶみ)・奉書(ほうしょ)など基本的に同一様式の文書を発給し、多少とも私的武力を備えていた。中世の国政は、この諸権門の伝統と実力に基づく強力な発言権と職能的な権力分担によって維持されていた。朝廷は、諸権門の競合対立を調整し伝統的権威を飾るための、角逐と儀礼の場であり、天皇は王家という権門の一員であるとともに、諸権門の頂点に立つ国王であった。権門体制は、国政の主導権を掌握する権門の交替によって、ほぼ3段階に区分される。第一は院庁(いんのちょう)政権が主導権をもった院政期、第二は鎌倉幕府が成立して他の諸権門を抑圧しながらも公武の権門が併立していた鎌倉期、第三は室町幕府が他の権門を従属させ癒着融合の体制をとった室町期である。そして平安中期のいわゆる摂関政治期は律令(りつりょう)体制から権門体制への過渡期であり、戦国期は権門体制から幕藩体制への過渡期である。また荘園公領制を封建的社会関係の一つとみるなら、権門体制は日本における封建国家の最初の形態といえる。しかし、この権門体制論に対して、公家・武家の両政権をまったく異質的・対立的なものとみて、後者が前者を圧倒していくところに中世国家史の基調をみる見解や、中世に統一的な国家機構の存在を本質的に認めない見解もある。[黒田俊雄]
『黒田俊雄著『日本中世の国家と宗教』(1975・岩波書店) ▽永原慶二司会『中世国家論』(『シンポジウム日本歴史7』所収・1974・学生社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

権門体制の関連キーワード治天の君

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android