コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横川省三 よこかわ しょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横川省三 よこかわ-しょうぞう

1865-1904 明治時代の新聞記者,軍事探偵。
元治(げんじ)2年4月4日生まれ。自由民権運動に参加し,加波山(かばさん)事件で投獄される。明治23年東京朝日新聞にはいり,記者として郡司成忠(ぐんじ-しげただ)の千島探検に同行,日清(にっしん)戦争に従軍する。30年退社。37年日露開戦後,特殊工作員として沖禎介らとチチハル付近の鉄橋を爆破しようとしてロシア軍に捕らえられ,4月21日ハルビンで銃殺される。40歳。陸奥(むつ)盛岡出身。本姓は三田村。
【格言など】今彼等の手に依り銃殺せらる。是天なり命なり(遺書)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

横川省三

没年:明治37.4.21(1904)
生年:慶応1.4.4(1865.4.28)
明治時代の新聞記者,日露戦争時の特殊任務従事者。盛岡藩士三田村勝衛の3男。横川家の養子となる。熱心なキリスト教徒。明治17(1884)年上京して有一館に入門したが加波山事件関係者をかくまい2年間入牢。出獄後,自由民権派の三大事件建白運動に参加。23年『東京朝日新聞』の記者となり,郡司成忠大尉の千島探検に同行した「短艇遠征記」などの記事を書いた。29年退社。34年内田康哉公使に従って中国に渡った。37年日露の国交が断絶すると特別任務班に志願,沖禎介らと東清鉄道フラルギー駅付近の鉄橋爆破を企図したがロシア軍に発見されて捕らえられ,ハルビン郊外で沖と共に銃殺された。戦後勲5等を授けられ,40年靖国神社に合祀された。<参考文献>井戸川辰三『日露戦役殉国志士事蹟』,浜本浩「情熱の人々・横川省三」(『新潮』580号)

(岸本昌也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よこがわしょうぞう【横川省三】

1865‐1904(慶応1‐明治37)
自由民権運動家,のち軍事諜報活動に従事。盛岡に生まれ,自由民権運動に参加,加波山事件に連座し禁錮6ヵ月の刑を受けた。1890年《朝日新聞》に入社,郡司成忠の千島探検に参加,日清戦争に従軍,96年退社。1904年日露戦争開戦直後,沖禎介らとチチハル付近のロシア東清鉄道橋堡爆破を企てて捕らえられ,沖禎介とともに4月21日ハルビンで銃殺された。【原田 勝正】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の横川省三の言及

【沖禎介】より

…1901年北京に行き,東文学舎,文明学堂などで教鞭をとる。日露戦争開始とともに北京公使館付武官の求めに応じ,特殊任務班員として横川省三とともにチチハル付近に潜入,鉄道橋梁爆破の直前,4月11日ロシア軍に捕らえられ,横川とともにハルビン郊外で銃殺刑に処せられた。【原田 勝正】。…

※「横川省三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

横川省三の関連キーワード郡司 成忠中山 直熊亀井 陸良沖 禎介脇 光三利岡中和田村一三中山直熊松崎保一4月4日脇光三

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android