コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横田成年 よこたせいねん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横田成年
よこたせいねん

[生]1875.5.10. 京都
[没]1953.1.11.
造船・航空工学者。 1898年東京帝国大学造船学科卒業後,ただちに同大学助教授。 1936年退官するまで 38年間,同大学にあって弾性力学,流体力学弾道学など広い分野にわたる諸問題に,数学的技法を駆使し,多くの研究成果をあげた。日本の航空学の草創期にあたり,同大学工学部に航空学科を創設,同大学付置の航空研究所の創立に際しては初代所長に就任,後進の教育および研究の指導に力を尽くした。 1934年日本航空学会が設立され,初代会長となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横田成年 よこた-せいねん

1875-1953 明治-昭和時代の航空学者,造船学者。
明治8年5月10日生まれ。43年母校東京帝大の教授。造船学を専攻したが,揺籃期のわが国の航空工学の研究基盤づくりにとりくむ。大正7年東京帝大航空研究所設立と同時に初代所長に就任,また新設の工学部航空学科主任教授を兼任した。昭和28年1月11日死去。77歳。京都出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横田成年
よこたせいねん
(1875―1953)

造船学者、航空学者。京都市に生まれ、1898年(明治31)東京帝国大学工科大学造船学科を卒業。同大学助教授、教授を歴任し、造船学、弾性学に多くの研究業績を残している。大正中期、東京帝国大学総長山川健次郎(1854―1931)らが、日本における航空の基礎的研究所の設立を提唱していたが、1916年(大正5)東大に航空学調査委員会(委員長田中館愛橘(たなかだてあいきつ))がつくられて航空の研究を開始した。日本にはまだ航空学の伝統がなかったので、井口在屋(いのくちありや)、横田成年、栖原豊太郎(すはらとよたろう)(1886―1968)、和田小六、富塚清(1893―1988)ら、航空にわりあい近いとされた造船学、物理学などの学者が委員となった。この委員会を母体に航空研究所が1918年4月、東京帝国大学に工科大学附属研究所として創設された。7月には日本で初めての大学附置研究所(学部と対等で専任の教授・助教授を置くことができる)に昇格した。また航空学5講座(航空学科)も同4月に新設されている。横田は新設の航空研究所所長と航空学科主任を兼任し、日本の航空工学の草創期、基礎確立に尽力した。[半澤正男]
『横田成年博士記念事業委員会編・刊『横田成年論文集』(1954)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

横田成年の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android