コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樹下石上 ジュカセキジョウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

樹下石上 じゅげ-せきじょう

?-? 江戸時代中期-後期の戯作(げさく)者。
出羽(でわ)山形藩士。江戸に在勤し,浄瑠璃(じょうるり)作者から黄表紙作者に転じ,「敵討根笹雪(かたきうちねささのゆき)」など,あだ討ち物をおおく発表。式亭三馬(しきてい-さんば)らと交遊があった。文化6年(1809)刊の「奇談立山記」など,黄表紙の画も手がけた。姓は梶原。通称は五郎兵衛。別号に市中山人,樹下山人。画号は百斎,久信。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅかせきじょう【樹下石上】

じゅげせきじょう【樹下石上】

〘仏〙 仏道を修行する者が宿とする樹の下や石の上。また、そうした身の上。じゅかせきじょう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

樹下石上の関連キーワード横山源之助身の上戯作仏道石上

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

樹下石上の関連情報