コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋かけ(橋架け) はしかけ crosslinking

1件 の用語解説(橋かけ(橋架け)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はしかけ【橋かけ(橋架け) crosslinking】

原子が線状に結合している分子相互間に橋を架けたような形の結合を形成すること。このような結合を橋架け結合あるいは架橋結合という。ポリエチレンポリ塩化ビニルナイロンなどの線状高分子には,加熱すると軟化,流動化し,冷却すると再び硬化する性質があり,溶媒にも比較的溶けやすい。一方,橋架けにより高度に三次元網目構造を形成したフェノール樹脂尿素樹脂などは,加熱しても流動化せず,溶媒に対しても不溶となる。橋架けの程度があまり高くない場合には溶媒を吸収して膨潤する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

橋かけ(橋架け)の関連キーワード構造式σ結合鎖状高分子単原子分子オープンチェーン結合角六員環炭素鎖重合油主要組織適合抗原

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone