コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欽定訳聖書 キンテイヤクセイショ

4件 の用語解説(欽定訳聖書の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きんていやくせいしょ【欽定訳聖書】

《原題The Authorized Version of the Bibleジェームズ1世のもとで英訳された聖書。1611年刊。簡潔な表現、荘厳な韻律、美しい語句は、近代英語の散文に大きな影響を与えた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きんていやくせいしょ【欽定訳聖書 Authorized Version】

略称A.V.。イギリス国王ジェームズ1世の命を受け,五十数人の聖職者,学者からなる翻訳委員が周到な計画と良心的な作業のもとに1607‐11年の間に完成した英訳聖書。その序文によると,国教会公認の《主教聖書The Bishops’ Bible》(1568)を底本とし,ティンダル以後の英訳聖書やドイツ語訳などを参照して,ヘブライ語ギリシア語の原典から新たに翻訳したというが,むしろティンダル訳やピューリタン派の《ジュネーブ聖書》(1560)などの粋をとって集大成した,一種の改訳である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きんていやくせいしょ【欽定訳聖書】

ジェームズ一世王の命により1611年発行された公認英語訳聖書。イギリスの近代散文の発展に大きな影響を与えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

欽定訳聖書
きんていやくせいしょ

代表的な英語訳聖書。1611年刊。イングランドジェームズ1世がピューリタンの請願を受け、1604年ロンドン南郊のハンプトン・コート宮殿で会議を開き、その際、王が新しい英訳をつくることに賛意を表したため、47名(のち54名)の学者をウェストミンスターオックスフォードケンブリッジに分けて共同作業をした結果生まれた。そこで欽定訳the Authorized Versionとよばれ、またとくにアメリカでは、ジェームズ王訳the King James Versionともいう。
 英訳聖書の歴史は長く、14世紀のウィクリフに始まり、16世紀のティンダルによって原語からの訳がつくられ、それ以後十指に余る訳が生まれた。これは、自国語で聖書を読むという宗教改革の主張に従うものである。欽定英訳聖書をつくるという試みは、多くの版を参照にして統一的な訳を生み出すという意味があった。こうしてできあがった訳は、のちに「英語散文の金字塔」とまで賞賛されるほどに、荘重で典雅な文体、ときに古拙(こせつ)な言い回し、ときに優美・流麗な格調などによって、現代に至るまで英語を母国語とする国民のみならず広く愛用され、この訳のいろいろな表現が文学作品をはじめ、演説、さらには庶民の会話にまで浸透し活用されてきた。それというのも、シェークスピアやベーコンなどが活躍していた文化の爛熟(らんじゅく)期の所産であったからである。特徴の一つに、英語の語彙(ごい)を駆使し、自由に同意語を用いて文章に変化をもたせていることがあり、19世紀につくられたこの訳の改訂版the Revised Versionが同一語・同一訳で平板になり人気がなかったのと対比される。また欄外注が、それまで神学的なものであったので、しばしば他教派への批判・攻撃に用いられた。この非を排して、注をテキスト(原典)上の差異に限定したことも、教派が乱立した時代にあってこの訳の普及に役だった。[船戸英夫]
『寺沢芳雄他著『英語の聖書』(1969・冨山房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の欽定訳聖書の言及

【エリザベス時代】より

… 散文の分野では,おびただしい量の宗教的著作と歴史編纂,航海記録と並んで,ホメロス,プルタルコスなど古典の翻訳が盛んにおこなわれる一方,現実社会の諸相を風刺的に描くパンフレットや,自然と人生の諸問題を哲学的に省察する文章も,多くものされた。また,華麗な文体で書かれたジョン・リリーの恋愛物語《ユーフュイーズ》やフィリップ・シドニーの牧歌的ロマンス《アーケイディア》はイギリス最初の小説として,1611年に公刊された《欽定訳聖書》とともに,文学史上特記さるべき地位を保っている。詩の分野では,絵画的描写と音楽美にあふれたエドマンド・スペンサーの長大な寓意叙事詩《神仙女王》が名高いが,ソネットをはじめとするさまざまな詩形の短い抒情詩も流行した。…

【聖書】より

…おもなものは,プロテスタント系の《カバデル訳聖書》(1535),《大聖書》(1539),《ジュネーブ聖書》(1560),《主教聖書》(1568)であり,また唯一のカトリック系訳として《リームズ・ドゥエー聖書》(新約1582,完訳1610)がある。 そして,これらの英訳聖書の頂点に立つのが1611年刊行の《欽定訳聖書》である。これはジェームズ1世の命を受けて,当代を代表する五十数名の聖職者・学者が周到な計画のもとに,《ティンダル訳》以来の既刊の英訳聖書の長を採り短を補って訳出したもので,シェークスピアの英語と並んで近代英語の性格を決定したと評される名訳であり,英米人の精神・思想・感情生活に大きな影響を与えた。…

※「欽定訳聖書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

欽定訳聖書の関連キーワードジェームズタウン首長令イギリス国教会スチュアート家ジェームズAガーフィールドジェームズ島ホリールード教会メアリースチュアートジェームズ[1世]ジェームズ[2世]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone