コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝覆 かいおおい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貝覆
かいおおい

360個のハマグリ貝殻を左右に離し,貝殻の片方を座に並べ (地貝) ,他方の貝殻 (出貝) と一対にして合せ取る遊び。貝の置き方,合せ方に作法があり,平安時代末期に成人貴族の間で盛んであった。この遊びは室町時代から江戸時代初期まで上流階層によって継承され,貝殻そのものも洗練,工夫され,歌貝へと発展したが,初期の貝殻には絵や和歌が書込まれていなかったと思われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

貝覆【かいおおい】

平安時代末期に始まった室内遊戯。貝合(かいあわせ)とは別のものだが,後に混同された。ハマグリの貝殻を2組に分け,一方を地貝(じがい)と称して,数人で囲んだ座の中央に円形に並べ,他方を出貝(だしがい)と称し,1個ずつ地貝の中央に置き,この出貝に合う地貝を多く取った者が勝ちとなる。
→関連項目歌貝かるた(骨牌)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいおおい【貝覆】

平安時代からおもに貴族の間で遊ばれた室内遊戯。貝合(かいあわせ)とは別のものであるが,後世では混用されて使われている。貝覆は蛤(はまぐり)の貝殻が一対だけしかはまり合う相手がないという特性を利用した遊びである。通常180対または360対の蛤を左右の貝片,すなわち地貝(じがい)と出貝(だしがい)に分け,場に地貝を同心円状に伏せて並べる。ついで,場の中央に出貝を一つずつ伏せて出し,その外側の地模様に合う地貝で出貝をすくい取り,多く取った者を勝ちとするが,合せ方には儀礼的な作法がきめられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貝覆
かいおおい

二つに分けた貝片を合わせてとる遊戯の一種。貝合(かいあわせ)より生じた。内側に左右一対の和歌や絵を描いた蛤(はまぐり)の貝殻360個を用い、左貝(雄貝)を地貝(じがい)、右貝(雌貝)を出貝(だしがい)とよぶ。遊戯方法は、中央に空所をつくって、地貝を内側が見えないように伏せて丸く並べ、その空所(貝の口)に出貝を1個ずつ出して、貝の形や模様からそれに合う地貝を探し出してとり、多くとった者が勝ちとなる。地貝・出貝は、貝桶(かいおけ)とよばれる2個1組の容器に分けて納められていた。もともと貝覆は子女の遊戯で、鎌倉時代からあり、公家(くげ)の間に伝わったものだったが、蛤は一対の貝殻以外はけっして合わないことから貞節の象徴とされ、近世には、貝桶は嫁入り行列の最初に運ばれ、受け渡しの儀が行われるようになった。[杉本一樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の貝覆の言及

【歌貝】より

…外来のかるたに端を発する天正かるたが,江戸時代になって庶民にまで流行し,賭博(とばく)に用いられたとき,有職家,故実家の〈歌がるた〉を別格とする考えから生まれた。天正かるたと同一視されるのを避けるため,形も長方形とせず,歌がるたの源流である貝覆(かいおおい)の貝の形をかたどって将棋の駒形とし,名称もかるたを用いず,歌貝という語を使うように努めたといわれる。また,遊び方も貝覆の方法に準じていた。…

【貝】より

…日本ではこのハマグリが平安朝以後,江戸時代まで上流子女の遊戯に使われたことは世界的に早くから有名であった。この貝覆(かいおおい)(貝合)にはハマグリの殻を右殻と左殻に分け,殻の内面に通常金泥を塗り,その上に人物や花鳥などが描かれているものが使われた。一方を地貝として伏せて並べ,他方の貝を出貝としそれに合う殻を地貝の中からさがす遊戯であるが,その入れ物の貝櫃(かいびつ)は贅(ぜい)を尽くし,豪華な嫁入道具となった。…

※「貝覆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貝覆の関連キーワードかるた貝合せ骨牌

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android