コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真率 シンソツ

デジタル大辞泉の解説

しん‐そつ【真率】

[名・形動]まじめで飾りけがないこと。また、そのさま。「真率な態度」
「好意と―の気に充ちた主人」〈漱石
[派生]しんそつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんそつ【真率】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
正直で飾りけのない・こと(さま)。 「 -な態度」 「人間交際の要も、和して-なるに在るのみ/学問ノススメ 諭吉
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

真率の関連キーワードコンスタン(フランスの政治家、作家)山上憶良(やまのうえのおくら)ファン・デル・ウェイデンデボルド・バルモール安城家の舞踏会ホンブルク公子ゼーノの意識学問ノススメトスカナ派滝沢馬琴人間嫌い椎名麟三無限抱擁野菊の墓平野金華菅家後集ニーマン吉野秀雄原爆の子劉辰翁

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真率の関連情報