コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武原はん たけはらはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武原はん
たけはらはん

[生]1903.2.4. 徳島,徳島
[没]1998.2.5. 東京
日本舞踊上方舞名手本名武原幸子。 1914年 12歳で大阪の大和屋 (芸妓学校) に入り,山村流の山本千代に舞を習った。 40年頃から歌舞伎舞踊の2世西川鯉三郎に師事。すぐれた容姿を生かした舞姿で,東京で活躍。代表曲に『雪』『葵の上』『帯屋』『黒髪』そのほか新作がある。また 1939年より高浜虚子に師事,『ホトトギス同人として俳句を詠む。 85年日本芸術院会員,88年文化功労者。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

武原はん【たけはらはん】

日本舞踊家。本名幸子。徳島県生れ。大阪の大和屋芸妓学校で山村流の上方舞を習得,1930年ごろ上京し6世藤間勘十郎らに師事。上方の座敷舞舞台芸術にまで高め,心を舞う〈動く浮世絵〉ともいわれる独自の世界を作り上げた。
→関連項目上方舞

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武原はん たけはら-はん

1903-1998 大正-平成時代の日本舞踊家。
明治36年2月4日生まれ。大阪の大和屋芸妓学校で山村流の上方舞などをまなぶ。のち東京で2代西川鯉三郎らに師事。昭和27年より武原はん舞の会をひらき,上方の地唄舞を工夫して独自の美の世界をつくる。60年芸術院会員,63年文化功労者。平成10年2月5日死去。95歳。徳島県出身。本名は幸子。俳号ははん女。
格言など】これでもかというほど稽古しておかないと安心して舞台に立てません

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たけはらはん【武原はん】

1903‐98(明治36‐平成10)
日本舞踊家。本名武原幸子。徳島市出身。1914年大阪南地の芸妓学校大和家に入り,山村流の舞を修得。30年東京に移り,6世藤間勘十郎,2世西川鯉三郎に師事。52年から独舞の会を続ける。美しい容姿と精緻な技芸により〈心の舞〉を追究し,〈動く浮世絵〉ともいわれる独自の世界をつくりあげた。地歌《雪》が有名で,《大原御幸(おはらごこう)》(1976)等新作にも秀作が多い。著書《のちの雪》(1978)がある。85年日本芸術院会員,88年文化功労者。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たけはらはん【武原はん】

1903~1998) 日本舞踊家。徳島県生まれ。本名、幸子。上方の座敷舞を独自の舞台芸術につくりあげた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武原はん
たけはらはん
(1903―1998)

日本舞踊家。本名幸子。徳島市生まれ。1914年(大正3)大阪南地の芸妓(げいぎ)学校大和家(やまとや)に入り、山村千代に山村流の舞を学ぶ。30年(昭和5)東京に居を移し、2世西川鯉三郎(こいさぶろう)、6世藤間勘十郎に師事した。流派をたてずに、上方(かみがた)舞を独自の新鮮な舞台の舞として仕上げ、52年(昭和27)から独舞の会を開催した。その美しい容姿を生かした浮世絵うつしの舞姿は無類で、小倉遊亀(おぐらゆき)をはじめ著名画家の作品ともなった。細緻(さいち)精巧な「心の舞」を特色とし、「武原はん舞の会」は91歳まで40回続けられた。『雪』『黒髪』『袖の露』『吉原八景』などのほか、新作にも『のちの雪』『杜若(かきつばた)』『大原御幸(おはらごこう)』など佳品が多い。句集、随筆集もたびたび刊行された。88年文化功労者に選ばれる。[如月青子]
『句集『小鼓』(1954・琅洞) ▽写真集『舞』(1972・求龍堂) ▽随筆集『のちの雪』(1978・光風社) ▽武原はん著『武原はん一代』(1996・求龍堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

武原はんの関連キーワード片岡 仁左衛門(13代目)坂東 三津五郎(7代目)神崎 ひで武原 はん神崎ひで2月4日新舞踊

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

武原はんの関連情報