コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毘盧遮那如来 びるしゃなにょらい

1件 の用語解説(毘盧遮那如来の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

毘盧遮那如来 びるしゃなにょらい

大乗仏教の仏。
太陽のように万物をあまねくてらす宇宙の根元的存在。密教では大日如来と同一。華厳(けごん)経や梵網(ぼんもう)経に説かれる。日本では天平勝宝(てんぴょうしょうほう)4年(752)開眼された奈良東大寺の大仏像が有名。略して盧舎那仏ともよばれる。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone