コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気候限界 きこうげんかいclimatic limit

世界大百科事典 第2版の解説

きこうげんかい【気候限界 climatic limit】

気候上の要因に基づく植生や作物の生育の限界,もしくはその地域限界。植物に限らず分布が気候に制約されるものについては広く用いられる。樹木の生育や作物の栽培は特に気候の影響が強いので,気候限界が比較的明瞭に現れる。もちろん栽培作物については,品種や栽培技術によって気候限界が異なる。たとえば熱帯植物であるヤシは低温な気候では生育できないので,分布は低緯度地帯に限られ,最寒月平均気温18℃の等温線が分布の気候限界になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気候限界
きこうげんかい

気候条件が原因となってある事物の分布が決まる場合のその気候要素の値。たとえば植物の生育を制限するものは温度と水分である。温度については、その植物の枯死温度以下の低温とともに、次世代を残すために結実しうる温度が問題となる。このような温度の表現には、温度そのものばかりでなく、積算温度あるいは温量示数がある。また土壌中の水分は単に降水量ばかりでなく、植物の利用できる水分量の推定値が必要で、算出する方法が気温との関係などから考えられている。たとえば湿潤限界、乾燥限界などはその例である。これらの値は限界の大略を決定する目安で、実際の分布は他の要素も大きく作用している。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

気候限界の関連キーワード吉村

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android