コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気管支肺炎 きかんしはいえんbronchopneumonia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気管支肺炎
きかんしはいえん
bronchopneumonia

小葉性肺炎カタル性肺炎ともいう。細気管支を中心にして起る肺炎で,炎症部分が肺胞全体に広がる普通の肺炎に比べて,一般に熱,咳などの症状軽症である。レンサ球菌ブドウ球菌の感染による場合は,上気道炎から続発し,流行性感冒などにかかって起る場合は,気管周囲炎や細気管支炎から続発することが多い。菌種に応じて抗生物質を選択することが望ましいが,二次感染を防止すれば,大部分は自然になおる。ただし高齢者の肺炎はこの形が多く,症状が次第に進んで全身を侵すことが多いため注意を要する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きかんし‐はいえん〔キクワンシ‐〕【気管支肺炎】

気管支炎が奥に進んで肺胞に及び、その範囲が肺の小葉に限られる炎症。発熱・呼吸困難は比較的軽く、咳(せき)と(たん)が出る。小葉性肺炎。カタル性肺炎。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

気管支肺炎【きかんしはいえん】

混合型細菌性肺炎とも。炎症の範囲が小葉に限局される。老人小児に多く,心不全・癌・尿毒症等の消耗性疾患,はしかインフルエンザ,気管支炎等に合併することが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きかんしはいえん【気管支肺炎】

気管支炎が肺胞にまで及んだ病気。激しい咳や粘液膿性の痰・発熱・胸痛などの症状を呈する。小葉性肺炎。カタル性肺炎。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の気管支肺炎の言及

【肺炎】より

…発生機序からみると,外界より特異的病原体が肺に侵入して起こる急性特異性肺炎(原発性肺炎)と,全身性重症疾患,老衰,手術後などのため防御力の低下によって上気道細菌叢で汚染された分泌物を吸引して起こす吸引性肺炎(二次性肺炎)とに分類され,そのほか,腸チフス,ブルセラ症,ペストなどの系統的感染症の経過中にその病原体により起こる転移性肺炎が挙げられる。病理形態学的にみると,肺内の炎症性変化の広がりと分布により,肺葉全体に炎症性変化の及ぶ大葉性肺炎lobar pneumonia(クルップ性肺炎)と,主として気管支とその周囲の肺胞組織に散在性に炎症を起こす気管支肺炎bronchopneumonia(小葉性肺炎)に分けられる。病因もしくは病原菌により分類すると,表のようになる。…

※「気管支肺炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

気管支肺炎の関連キーワードペスト(伝染病)フッ化水素中毒ジステンパー肺炎双球菌熱(体温)カンジダ症フッ素中毒スモッグ肺感染症連鎖球菌肺ペスト小児肺炎敗血症真菌症ぼろ病窒息胸痛

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android