コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀井文夫 かめいふみお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亀井文夫
かめいふみお

[生]1908.4.1. 福島
[没]1987.2.27. 東京
映画監督。文化学院中退,ソ連に留学。帰国後東宝文化映画部に所属,『上海』 (1937) ,『小林一茶』 (41) ,などの傑出した記録映画を作る。 1938年の『戦ふ兵隊』は,反戦的要素が濃厚という理由で軍部から上映禁止となる。第2次世界大戦後劇映画に転じ『戦争と平和』 (47,山本薩夫と共同監督) ,『女の一生』 (49) などを作り,フリーとなる。 54年日本ドキュメント・フィルム社を創立,『生きていてよかった』 (56) ,『世界は恐怖する』 (57) など,原水爆の恐ろしさを訴えた記録映画で話題を呼んだ。鋭い社会批判を含んだすぐれた記録映画作家の一人。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かめい‐ふみお〔かめゐふみを〕【亀井文夫】

[1908~1987]映画監督。福島の生まれ。昭和14年(1939)「戦ふ兵隊」が軍部の検閲により公開禁止となる。昭和16年(1941)には、治安維持法違反の容疑で逮捕、投獄された。戦後は反戦の立場を貫く。作「日本の悲劇」「戦争と平和」「生きていてよかった」「流血の記録・砂川」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

亀井文夫【かめいふみお】

記録映画作家。福島県生れ。文化学院中退後,1928年レニングラード映画演劇学校に学ぶ。1934年PCL(写真化学研究所),東宝などを経て1954年日本ドキュメント・フィルム社を創設

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀井文夫 かめい-ふみお

1908-1987 昭和時代の映画監督。
明治41年4月1日生まれ。レニングラード映画演劇学校にまなぶ。昭和8年PCL(東宝の前身)に入社。記録映画「上海」などを発表。戦後は山本薩夫と共同監督で映画「戦争と平和」をつくる。29年独立プロを創立し,原爆記録映画「生きていてよかった」などを製作。昭和62年2月27日死去。78歳。福島県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かめいふみお【亀井文夫】

1908‐87(明治41‐昭和62)
記録映画作家。軍国主義一色の日本の戦時下で,陸軍省の依頼と後援による《上海》(1938),《戦ふ兵隊》(1939)で,うわべは戦意昂揚をうたいながら,〈戦争と生命の悲痛な関係の実証だけ〉を描いて反戦,反骨の姿勢を貫いた。《戦ふ兵隊》は公開禁止になり,亀井は逮捕,投獄された。日本の文化映画の古典的名作とみなされるに至る短編(記録映画というよりは小林一茶の句と貧しい日本の農民の生活風景をからみ合わせ,ときには対位法的にモンタージュした作品)《小林一茶》(1941)にその戦闘的姿勢を一時〈後退〉させたあと,日本帝国主義と天皇制の侵略史をあばいた記録映画《日本の悲劇》(1946)を完成させるが,アメリカ占領軍に没収された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かめいふみお【亀井文夫】

1908~1987) 映画監督。福島県生まれ。戦中から戦後にかけて権力批判の記録映画「上海」「戦ふ兵隊」「流血の記録・砂川」などを撮った。「女ひとり大地を行く」ほかの劇映画もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亀井文夫
かめいふみお
(1908―1987)

記録映画監督。福島県生まれ。1928年(昭和3)レニングラード映画学校留学後、33年東宝の前身PCLに入社。『上海(シャンハイ)』(1938)で日中戦争の戦勝ではなく戦禍を編集して物議を醸し、さらに『戦ふ兵隊』(1939)では戦争の困苦に肉迫して軍部から上映禁止処分を受ける。『小林一茶(いっさ)』(1941)ののち、治安維持法により逮捕され、演出家資格を抹消された唯一の抵抗映画人となる。第二次世界大戦後東宝に復帰。山本薩夫(さつお)と共同監督の『戦争と平和』(1947)など劇映画もつくったが、東宝争議で追われた。1954年(昭和29)独立プロを創立し、原爆記録映画『生きていてよかった』(1956)、反基地闘争の『流血の記録 砂川』(1957)などを発表。[佐伯知紀]

資料 監督作品一覧

上海(1938)
北京(1938)
戦ふ兵隊(1939)
信濃風土記より 小林一茶(1941)
戦争と平和(1947)
女の一生(1949)
無頼漢長兵衛(1949)
母なれば女なれば(1952)
女ひとり大地を行く(1953)
生きていてよかった(1956)
流血の記録 砂川(1957)
世界は恐怖する 死の灰の正体(1957)
人間みな兄弟(1960)
みんな生きなければならない ヒト・ムシ・トリ…農事民俗館(1984)
生物みなトモダチ・パート2 教育篇 トリ・ムシ・サカナの子守歌(1987)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の亀井文夫の言及

【小型映画】より

…16ミリカメラの機動性を生かしたドキュメンタリー映画(山岳映画,海底探検映画,ニュース映画,科学映画等々)がその取材範囲を飛躍的に広げていったこともある。1930年ころの日本で起こったプロキノ(日本プロレタリア映画同盟)によるプロパガンダの方法として,小型映画が〈家庭的娯楽から階級闘争の武器〉としてとらえなおされたこともその一つで,この方法は土本典昭の《パルチザン前史》(1969),《水俣》シリーズ(1971‐ ),小川紳介の《三里塚》シリーズ(1968‐ )に至るまで,日本のドキュメンタリー映画の歴史を貫くものといってもいいが,亀井文夫の《生きていてよかった》や《流血の記録―砂川》三部作(ともに1956)などは16ミリで撮影されたものが35ミリにブローアップ(拡大)して上映された。ウォルト・ディズニーの長編記録映画《砂漠は生きている》(1953)も,16ミリ(カラー)で撮影されてから35ミリにブローアップされたもので,《小型映画の世界》の著者宇野真佐男は,これを〈ブローアップ映画〉と呼んでいる。…

【ドキュメンタリー映画】より

…また,ロマン・カルメーンの《戦うレニングラード》(1942),レオニード・ワルラーモフの《スターリングラード》(1943)というニュース映画を編集したもの2本と,ドブジェンコの《ウクライナの勝利》(1943‐45)のような長編ドキュメンタリーもつくられた。 日本では,日中戦争が泥沼化した1938年に,前線部隊と行動をともにしながら撮影取材を行った亀井文夫の《戦ふ兵隊》が,陸軍省情報部の後援で製作されたにもかかわらず,その〈生命の詩をうたう〉反戦的要素が濃厚すぎて軍当局から公開禁止にされ,以後,40年代に入ると,侵略戦争の激化とともに,〈国民総力戦への戦意昂揚,一億玉砕へと民衆を追い込む宣伝扇動の手段として記録映画は利用された。あらゆる映画は戦争遂行のためにのみつくられた〉(野田真吉《日本ドキュメンタリー映画全史》)。…

【山本薩夫】より

…アンドレ・ジッドの同名の小説を翻案映画化したメロドラマ《田園交響楽》(1938),新鋭戦闘機のPR映画ともいうべき《翼の凱歌》(1942)などを撮ったのち,召集されて中国の戦場に送られ,46年,最後の引揚船で帰還した。 47年,ドキュメンタリー作家亀井文夫と共同監督で,〈憲法普及会〉から東宝に依嘱された〈戦争放棄〉をテーマとする〈憲法記念映画〉として《戦争と平和》を撮り,真の作家的出発をする。《戦争と平和》は,占領軍がとった〈逆コース〉によって2ヵ月近い検閲紛争を起こしたのち公開されたが,反戦平和映画のさきがけとなった。…

※「亀井文夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

亀井文夫の関連キーワードドキュメンタリー映画日本映画史(年表)流血の記録砂川三木茂(2)勅使河原 宏宇野 重吉勅使河原宏伊藤 武郎三木 茂日本映画昭和時代砂川事件水木洋子流血戦中砂川

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亀井文夫の関連情報