コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水郡線 すいぐんせん

4件 の用語解説(水郡線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水郡線
すいぐんせん

茨城県北部から福島県南部にかけて南北に貫く鉄道。 JR東日本。水戸-安積永盛 (郡山市) 間 137.5km。久慈川と阿武隈川流域を通り,上管谷-常陸太田間を通る支線 (全長 9.5km) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

水郡線【すいぐんせん】

水戸〜安積永盛(あさかながもり)間および上菅谷〜常陸(ひたち)太田間のJR線。営業キロ147.0km。常磐線と東北本線を結ぶ。1897年太田鉄道が水戸から開業,1918年に後身の水戸鉄道常陸大宮まで路線を延長。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

水郡線

JR東日本が運行する鉄道路線。茨城県水戸市の水戸駅から福島県郡山市の安積永盛駅を結ぶ。愛称は「奥久慈清流ライン」。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水郡線
すいぐんせん

茨城県北部から福島県南部を走る東日本旅客鉄道の線路名称。水戸―安積永盛(あさかながもり)間137.5キロメートルおよび上菅谷(かみすがや)―常陸太田(ひたちおおた)間9.5キロメートル、全線単線、非電化。久慈(くじ)川と阿武隈(あぶくま)川流域の谷沿いに走り、沿線には常陸太田などの都市がある。水戸―太田(現、常陸太田)間は太田鉄道によって1897~1899年(明治30~32)に開業したが、1901年水戸鉄道(2代目)に譲渡され、1918年(大正7)に上菅谷―常陸大宮間を開業した。常陸大宮以北は国有鉄道によって大郡線の名称で建設が進められ、1922~1934年(大正11~昭和9)開業した。その間に水戸鉄道は1927年(昭和2)国有化され、線名も大郡線から水郡線、水郡南・北線となり、全通とともにふたたび水郡線となった。1987年、国鉄の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水郡線の関連キーワード安積・浅香安積安積の沼安積甚句奥久慈清流ライン福島県郡山市安積町大森町長森安積覚中原永盛長谷部永盛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水郡線の関連情報