コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水郡線 すいぐんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水郡線
すいぐんせん

茨城県北部から福島県南部にかけて南北に貫く鉄道。 JR東日本。水戸-安積永盛 (郡山市) 間 137.5km。久慈川と阿武隈川流域を通り,上管谷-常陸太田間を通る支線 (全長 9.5km) がある。 1934年全通。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

水郡線【すいぐんせん】

水戸〜安積永盛(あさかながもり)間および上菅谷〜常陸(ひたち)太田間のJR線。営業キロ147.0km。常磐線東北本線を結ぶ。1897年太田鉄道が水戸から開業,1918年に後身の水戸鉄道が常陸大宮まで路線を延長。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水郡線
すいぐんせん

茨城県北部から福島県南部を走る東日本旅客鉄道の線路名称。水戸―安積永盛(あさかながもり)間137.5キロメートルおよび上菅谷(かみすがや)―常陸太田(ひたちおおた)間9.5キロメートル、全線単線、非電化。久慈(くじ)川と阿武隈(あぶくま)川流域の谷沿いに走り、沿線には常陸太田などの都市がある。水戸―太田(現、常陸太田)間は太田鉄道によって1897~1899年(明治30~32)に開業したが、1901年水戸鉄道(2代目)に譲渡され、1918年(大正7)に上菅谷―常陸大宮間を開業した。常陸大宮以北は国有鉄道によって大郡線の名称で建設が進められ、1922~1934年(大正11~昭和9)開業した。その間に水戸鉄道は1927年(昭和2)国有化され、線名も大郡線から水郡線、水郡南・北線となり、全通とともにふたたび水郡線となった。1987年、国鉄の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

水郡線の関連キーワード久慈川(福島県、茨城県)水戸徳川家墓所常陸太田[市]勝田(茨城県)常陸大宮[市]小室 順太郎ひたちなか市須賀川[市]常陸太田市矢祭[町]浅川[町]小室順太郎棚倉(町)那珂[市]常陸大宮市棚倉[町]山方[町]須賀川市塙[町]棚倉城

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水郡線の関連情報