コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水郡線(読み)すいぐんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水郡線
すいぐんせん

茨城県北部から福島県南部にかけて南北に貫く東日本旅客鉄道JR東日本)の鉄道路線。久慈川阿武隈川流域を通り,水戸―安積永盛間(全長 137.5km)と上菅谷―常陸太田間(全長 9.5km)からなる。1934年全通。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

水郡線【すいぐんせん】

水戸〜安積永盛(あさかながもり)間および上菅谷〜常陸(ひたち)太田間のJR線。営業キロ147.0km。常磐線東北本線を結ぶ。1897年太田鉄道が水戸から開業,1918年に後身の水戸鉄道が常陸大宮まで路線を延長。1927年国有化,1934年全通。久慈川と阿武隈(あぶくま)川の流域に通じ,急曲線,急勾配(こうばい)が多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水郡線
すいぐんせん

茨城県北部から福島県南部を走る東日本旅客鉄道の線路名称。水戸―安積永盛(あさかながもり)間137.5キロメートルおよび上菅谷(かみすがや)―常陸太田(ひたちおおた)間9.5キロメートル、全線単線、非電化。久慈(くじ)川と阿武隈(あぶくま)川流域の谷沿いに走り、沿線には常陸太田などの都市がある。水戸―太田(現、常陸太田)間は太田鉄道によって1897~1899年(明治30~32)に開業したが、1901年水戸鉄道(2代目)に譲渡され、1918年(大正7)に上菅谷―常陸大宮間を開業した。常陸大宮以北は国有鉄道によって大郡線の名称で建設が進められ、1922~1934年(大正11~昭和9)開業した。その間に水戸鉄道は1927年(昭和2)国有化され、線名も大郡線から水郡線、水郡南・北線となり、全通とともにふたたび水郡線となった。1987年、国鉄の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水郡線の関連情報