コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田武 ながたたけし

3件 の用語解説(永田武の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永田武
ながたたけし

[生]1913.6.24. 岡崎
[没]1991.6.3. 東京
地球物理学者東京大学物理学科卒業 (1936) 。東京大学地震研究所陸地測量部,東京大学理学部助教授を経て,東京大学教授 (52~84) 。 1951年「岩石の磁気的性質に関する地球磁気学的研究」で日本学士院賞受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田武 ながた-たけし

1913-1991 昭和時代の地球物理学者。
大正2年6月24日生まれ。母校東京帝大の地震研究所をへて,昭和27年東大教授。31-33年の第1-第3次南極観測隊長をつとめ,のち国立極地研究所初代所長,火山噴火予知連絡会長を歴任。岩石磁気オーロラの研究で知られた。26年学士院賞。49年文化勲章。平成3年6月3日死去。77歳。愛知県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永田武
ながたたけし
(1913―1991)

地球物理学者。愛知県岡崎市生まれる。1936年(昭和11)東京帝国大学物理学科卒業。寺田寅彦(とらひこ)に師事し、同大学地震研究所助手、陸地測量部嘱託、東京大学助教授を経て、1952年(昭和27)教授。1951年学士院賞を受けた「岩石の磁気的性質に関する地球磁気学的研究」は、熱残留磁気について法則を発見し、地磁気の永年変化と異常分布を明確にした業績として評価されている。1954、1955年国際地球観測年(IGY)会議に日本代表として出席以降、南極観測を提唱、第一~三次南極観測隊長(1956~1959)となる。1973年国立極地研究所初代所長に任命され、火山噴火予知連絡会や測地学審議会の会長も務めた。1974年文化勲章受章。日本学士院会員、アメリカ科学アカデミー名誉会員。著書に『Rock-Magnetism』『火山の噴火』などがある。[石山 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永田武の関連キーワード地球物理学赤祖父俊一秋本俊一上田誠也小嶋稔川井直人長谷川万吉松山基範大谷栄治国際測地学・地球物理学連合

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永田武の関連情報