コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸家猫八 えどやねこはち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸家猫八
えどやねこはち

物真似(ものまね)専門の芸人。
初代(1868―1932)本名岡田信吉。当初、歌舞伎(かぶき)の三世片岡市蔵の門下に入り、片岡市之助と称して女形を務めたが、1898年(明治31)鉛中毒のため左手が不自由になったのを機に廃業した。その後、落語の三遊亭小円朝の弟子を経て物真似に転向、動物や鳥の鳴き声などの物真似で人気を集め、江戸家猫八を名のる。駄洒落(だじゃれ)や毒舌を交えた客との掛け合いを得意とした。
2代(1911―1986)本名長谷川栄太郎。13歳のとき初代に入門、子猫八の名で舞台にあがった。初代の死後2代目を襲名するが、のち漫談に転じ、徳川夢声に対抗する意味で、1935年(昭和10)木下華声(かせい)と改めた。従来の物真似に加えて、時の有名人の物真似も得意とした。
3代(1921―2001)本名岡田六郎。初代の六男。1941年(昭和16)、古川緑波(ろっぱ)一座に入座したが、1943年に応召、各地を転戦ののち、1945年に広島で被爆。1949年に3代目を襲名。物真似のほか俳優としてテレビや舞台などで活躍した。芸術祭賞(1979、1981)、浅草芸能大賞(1985)など受賞、紫綬褒章(しじゅほうしょう)(1988)受章。著書に『兵隊ぐらしとピカドン』(1983)などがある。なお、長男の江戸家小猫(1949―2016)、長女の江戸家まねき猫(1967― )がともに父の芸を継いでいる。[向井爽也]
『『兵隊ぐらしとピカドン――吾輩は猫ではない2』(1983・ポプラ社) ▽『二足のわらじをはいた猫――吾輩は猫ではない3』(1984・ポプラ社) ▽『猫とまたたび』(1989・筑摩書房) ▽『キノコ雲から這い出した猫』(1995・中央公論社) ▽『おかあちゃんは二人いらない』(ちくま文庫) ▽『魚に釣られた猫――猫八のおもしろ釣れづれ人生』(中公文庫) ▽『吾輩は猫ではない』(ちくま文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の江戸家猫八の言及

【声帯模写】より

…以後ラジオの発展とともにこの名称で盛んに行われ,流行歌手を専門にまねる〈歌謡声帯模写〉などもあらわれた。現代では桜井長一郎,三遊亭円竜らが知られ,鳥獣の声帯模写では3代江戸家猫八(1921‐ )などが著名である。なお,似たような芸に〈ものまね〉がある。…

※「江戸家猫八」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

江戸家猫八の関連キーワード江戸家 猫八(3代目)江戸家 猫八(1代目)江戸家 猫八(初代)三遊亭金馬(4世)江戸家猫八(3代)お笑い三人組はせ さん治木下 華声どら平太木下華声お葬式

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江戸家猫八の関連情報